体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カシオ『G-SHOCK GMW-B5000』こ、これは初号機のフルメタルバージョンじゃないか! 歴史と伝統を受け継ぐ新たなる”G”爆誕!

カシオ計算機が誇る世界的な大ヒット耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」。発売から今年で35周年を迎え、シリーズ累計出荷数はなんと1億個というG-SHOCKから、驚くべきコンセプトモデルが発売された。『GMW-B5000』は、G-SHOCKシリーズの原点ともいえる初号機「DW-5000C」のフルメタル化だった! G-SHOCKの歴史と伝統を受け継ぎ、新たな歴史を刻む新モデルに、記者も思わずうなった!

35年の時を超え…初号機フルメタル化復刻にファンから注文殺到、完売店続出!

G-SHOCKの初号機「DW-5000C」が発売されたのは1983年。メカメカしいゴツいボディと、10mの高さから落としても壊れないとされる耐衝撃ウオッチに、ガジェット好きな少年たちや大人の男性から大きな注目を集めた。かく言う記者も当時は中学生。まさに「厨二病まっさかり」な少年は、このガジェット感あふれる腕時計に憧れたものだった。

G-SHOCKの歴史を築く礎となった初代「DW-5000C」。世界初の20気圧防水というスペックを持った耐衝撃ウオッチとして衝撃デビューを果たした

あれから35年。シリーズ累計で1億個の出荷数を誇る“メガヒット商品のG-SHOCKに新たな系譜が加わった。カシオ計算機株式会社(東京都渋谷区)から発売されたG-SHOCK『GMW-B5000』2モデルだ。基本モデルはシルバーの『GMW-B5000D-1』で、サイズは49.3×43.2×13.0mm、重さ約167g、希望小売価格税抜60,000円となっている。

G-SHOCK35周年記念モデルの「GMW-B5000TFG-9」はゴールドIPボディで裏蓋には35周年記念ロゴ(左)を刻印したプレミアム商品

「GMW-B5000TFG-9」のパッケージ。限定商品だけに、なかなかお目にする機会はないかもしれない

 

もうひとつのモデル『GMW-B5000TFG-9』G-SHOCK35周年記念モデルという位置付けで、モディーカラーは高級感あふれるゴールドIP仕上げ。裏蓋には35周年記念ロゴが刻印されており、周年ロゴを配したスペシャルパッケージも用意されて、特別感あふれるモデルとなっている。価格税抜70,000円。サイズや重さはシルバーモデルと同じだ。

 

2モデルとも2018年4月13日に発売されているが、すでにショップによっては人気が沸騰して予約殺到。完売しているという声も聞かれるほど。自由にできるお金を持っている根強いG-SHOCKファンが飛びついたことが予想される。

 

それではカシオ公式の超かっちょいい「G-SHOCK GMW-B5000」ティザームービーをご覧いただこう。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。