体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ツムギのミカタ】結城紬のものづくりとみなさんをつなぐイベントを開催します!

鞠小路スタイルです。

ユネスコ無形文化遺産・重要無形文化財に指定された最高峰の織物である「本場結城紬」。

その中でも、とりわけ想いを持って物作りに取り組んでいる「龍田屋」さん「縞屋」さんと皆様をつなぐ架け橋となるべくイベントを開催いたします。

触れて見たくなる布 結城紬で無重力な着心地を

33432966_1899348313699223_7094476994426961920_n

思わず触れてみたくなる想いの詰まったあたたかい布。その布を身に纏い、鞠小路スタイルがお伝えしている『無重力着付け®︎』と掛け合わせれば、まさに無重力な着心地。結城紬と鞠小路スタイルの新しい物語が始まります。

2年前に、結城紬がどんなものか知ってもらいたい 感じてもらいたいという想いで初めて開催した【ツムギのミカタ】が更にバージョンアップして、再登場です。もっともっと産地、作り手と皆様をつないでいくためのイベントにできたらと思っております。

たくさんの想いの詰まった結城紬に触れられます。

33401833_1899349660365755_77080313477464064_n

昔ながらの人に手によってつくられる結城紬。その伝統を守るだけではなく、新しい挑戦も続ける「龍田屋」さん「縞屋」さん。検査だけにとらわれず、技術にこだわり独創的でオリジナルなものづくりをされています。

たくさんのつくり手さんが関わる結城紬。それそれがお互いに思いやり、1点1点想いを込めてつくられています。そんな想いのこもったこだわりの結城紬がたくさんみられます。実際に手に取り、身に纏って、手触り、着心地を体験してみてください。

 

織子さんの気持ちになって地機で布を織る機織り体験をしてみましょう

33306778_1899350767032311_3803753879221305344_n

織り手が機(はた)の一部となる地機(じばた)を使って織るのが本場結城紬の特徴。原始的な織機だと言われています。
今回のイベントでは実際にこの地機を使って機の構造、基本的な名称、何がどうなってどの様にしたら織物が出来上がるのかを勉強していただきます。実際に機織りを体験してもらうことによって織物をよりリアルに、身近に体感していただける講座です。

【織子体験基礎講座】

1回 60分 定員4名 5,400円(税込)

詳しい日程などはこちらからご覧ください。

【織子体験講座】6/8〜10開催・ツムギのミカタ東京〜結城の想いをつなぐ〜

 

「分からないことが分からない」から「専門家に質問できる」へ。紬を知るための講座です。

33379059_1899351523698902_1610525213156442112_n

鞠小路スタイルが得意なこと、それは伝えること。
専門家じゃないからわかりやすく伝えられることがあります。

1 2次のページ
趣通信の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。