体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京駅から大阪駅】新幹線・夜行バス・飛行機など手段別の所要時間・料金まとめ!

【東京駅から大阪駅】新幹線・夜行バス・飛行機など手段別の所要時間・料金まとめ! 東京駅

大阪に旅行や仕事で行く時、東京駅から大阪駅までどの手段で行くのがいいかを解説します。

新幹線や夜行バス、飛行機に在来線と行き方は様々ですが、それぞれ時間はどれくらいかかるのか、料金はいくらかかるのか、比較しながら紹介。ぜひ大阪に行く際の参考にしてくださいね。

記事配信:じゃらんニュース

【東京駅~大阪駅】各移動手段ごとまとめ

【東京駅~大阪駅】各移動手段ごとまとめ

まずは、各移動手段の所要時間・料金・メリット・デメリットをまとめました。

以下、それぞれもう少し詳しく解説していきます。

新幹線の所要時間と料金

新幹線最も短時間で行けるのが魅力

新幹線の場合は、東京駅から新大阪駅まで乗り換えなしで行くことができます。

一番早いのは新幹線「のぞみ」を使うこと。

新大阪駅と大阪駅は別の駅になりますので、新大阪駅から大阪駅に行きたい場合はJRに乗り換えれば4分ほどで到着します。

所要時間

約2時間40分

※便によって多少の変動あり

料金

13,620円

※JR東海道新幹線「のぞみ」の自由席に乗車の場合

※指定席、グリーン席の場合は料金が変わります

新幹線のネット予約はコチラ

じゃらんnetの新幹線+宿泊のお得なパックもおすすめ!

新幹線のメリット・デメリット

◇メリット

とにかく所要時間が短いことです。

また、乗り換えがほとんど無いのもメリット。

◇デメリット

料金は一番高くなります。

そこの余裕があるなら、新幹線が最もいい手段だと言えます。

夜行バスの所要時間と料金

夜行バス時間はかかりますが、安く利用できます

夜行バスも乗り換えなしで東京駅から大阪駅まで行くことができます(バスの路線によっては大阪駅から徒歩10分ほどの場所に停まることもあり)。

東京駅のバス乗り場は八重洲南口にあります。

所要時間

約6時間30分~10時間程度

※時期、便、交通状況によって大きく変更あり。上記を超える可能性もあります。

料金

1,400円~13,000円程度

※時期、便によって大きく変更あり。上記を超える可能性もあります。

利用する時期によって、時間も料金もかなり変わるので注意。

基本的には、時間・料金ともに

平日<休日<夏休みやGWなど連休中

の順で長く・高くなります。

じゃらんnetの夜行バスネット予約はコチラ

夜行バスのメリット・デメリット

◇メリット

最も安くて1,400円と破格なのが魅力。

お金をあまりかけたくないなら、夜行バスがおすすめです。

◇デメリット

所要時間は短くても半日程度。

長時間同じ姿勢で過ごさなければならないのもつらいかもしれません。

飛行機の所要時間と料金

飛行機上手く使いこなせば便利な飛行機
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。