体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本最大の回顧展「ブルーノ・ムナーリ こどもの心をもちつづけるということ」開催中

brunomunari-consevarelospiritodellinfanzia_001 《穴のあるコンポジション》1950年、カーサペルラルテ=パオロ・ミノーリ財団

ムナーリの絵本や遊具を手にとれるスペースも

2018年6月10日(日)まで、神奈川・葉山の「神奈川県立近代美術館 葉山」にて「ブルーノ・ムナーリ こどもの心をもちつづけるということ」展が開催されています。

美術家・Bruno Munari(ブルーノ・ムナーリ)(1907~1998/イタリア)の日本最大の回顧展。没後20年の節目となる今年、日本初公開作品約150点を含む約320点が紹介されます。

イタリア未来派として表現活動をスタートさせたムナーリ。初期は当時の暮らしを大きく変え始めていた機械の持つ運動性を取り入れた制作活動を行っていましたが、広告や雑誌デザイン、絵本制作、インダストリアルデザイン、子供向けワークショップなどあらゆる表現の分野に及んでいきます。

本展では、1985年に東京・渋谷のこどもの城で開催された回顧展で実演されたワークショップを「ムナーリを読み解く鍵」としたそう。会場では作品を観るだけではなく、実際に絵本や遊具を手に取り遊ぶことができ、ムナーリの思想を体験することに重点を置いています。

毎週土曜には子ども向けにムナーリ考案の遊具が登場。子どもから大人までみんながそれぞれの視点で楽しめる内容です。ぜひお出かけください。

brunomunari-consevarelospiritodellinfanzia_002 左:《無題》1930年、カーサペルラルテ=パオロ・ミノーリ財団

右:『乳の衣服に捧げる詩』(文:フィリッポ・トンマーゾ・マリネッティ、挿画:ブルーノ・ムナーリ)1937年、宇都宮美術館

brunomunari-consevarelospiritodellinfanzia_003 《時間X》1963年、ジャックリーン・ヴォドツ・エ・ブルーノ・ダネーゼ財団

Photo:Roberto Marossi. Courtesy Fondazione Jacqueline Vodoz e Bruno Daneze

brunomunari-consevarelospiritodellinfanzia_004 《読めない本》試作、1955年、パルマ大学CSAC brunomunari-consevarelospiritodellinfanzia_005 左:《『木をかこう』のための表紙案》1977年、パルマ大学CSAC
1 2次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。