体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プレゼン、商談の成功率が上がる!…相手を惹きつける「声」の作り方

プレゼン、商談の成功率が上がる!…相手を惹きつける「声」の作り方

「声」は、その人の第一印象を大きく左右します。

ハキハキと快活に、よく通る声で話す人には好感を持ち、信頼できそうだと感じますが、ボソボソとくぐもった声で話す人にはなかなか好印象を持てないものです。

にもかかわらず、「声」を重視しているビジネスパーソンは少ない…と、ボーカルディレクターの中西健太郎さんは指摘します。大事なプレゼンテーションの場にもかかわらず、話す内容ばかりに気を取られてしまって声が全然通っていなかったり、パワーポイントの資料を作ることに注力しすぎて疲れ果ててしまったり…。

ビジネスパーソンを始め、上場企業のトップや弁護士、大学教授などを相手に、声を始めとした表現方法のレッスンやセミナーを行っている中西さんによると、「魅力的な声を作るのは誰にでも可能」とのこと。その方法がまとめられた著書『姿勢も話し方もよくなる声のつくりかた』の中から、一部を抜粋しご紹介します。


自分を「いい気持ち」に持っていくことで声の印象はがらりと変わる

ビジネスシーンにおいては、お客様に商品・サービスを売り込む、社内で上司を説得するなど、「相手があなたの話にそれほど興味がない」前提で話をしなければならない場面が多いものです。そんなとき、「気持ちのいい声」で話ができれば、相手の気持ちをこちらに向けることが可能です。

ポイントは、「自分自身がいい気持ちになる」こと。

著者によると、「声には感情が乗る」とのこと。楽しい気持ち、幸せな気持ちの時は、誰しも自然に声が弾み、ハッピーな声音や口調になります。いい気持ちで話していれば、相手も無意識のうちにそれを感じて好意的になるのだそうです。

声は、どんなテクニックでも覆い隠せないほど感情が露骨に出てしまうもの。だからこそ、大事な場面の前には、まず「意識的に『いい気持ち』に持っていく」ことが鉄則です。

お勧めの方法は、「自分が心から楽しいと思えた経験」を思い出すこと。

好きな人、美味しかった料理、楽しかった旅行…思い浮かべるだけで、自然と明るい気持ちになれるでしょう。これだけで気分はかなり上がるはず。

さらに、その楽しかったことを、友人に伝えようとしているときの感覚を思い出してみましょう。きっと、声のトーンや目線、身振り手振りに至るまで、全身で一生懸命楽しさを伝えようとしているはず。その感覚を持ったまま、商談やプレゼンに臨むといいでしょう。

プロのアーティストや俳優は、観客や聴衆に対して「魅せる」「聞かせる」という感覚を持って臨んでいますが、一般の人の多くは受け手側の立場であり、「見る」「聞く」に留まっています。

ただ、「そういう一般の人たちこそ、『見せる』『聞かせる』という意識を持つだけで、人前で話したり、交渉したりする際のパフォーマンスの質がぐんと上がる」のだとか。

受け手側のことを考え、楽しく、明るい感情を持って商談やプレゼンに臨むことができれば、声に思いが乗り、少なくとも相手が前向きな姿勢で話を聞いてくれるようになるはずです。

前向きな情報をインプットして気持ちを切り替える

とはいえ、仕事が忙しくて疲れ果てていたり、上司に叱られて落ち込んでいたり、なかなか気分が上がらないときもあるでしょう。そんなときに大事な商談やプレゼンをすることになったら…マイナスの感情が相手にモロに伝わってしまうので要注意。商談前に気持ちを切り替えることが大切です。

気持ちの切り替え方法としてお勧めなのは、「これから会うお客様やミーティング内容に関する、前向きな情報をインプットする」こと。

「○○さんは、忙しい中時間を割いてくださった」

「○○さんとの仕事は、自分を成長させてくれる」

「この商談は、自分にとって大きなチャンスだ」

例えばこんなことを考えるだけで、少しずつ「明るい気持ちの素」が自分の中に広がり、さっきとは違う気持ちで相手に接することができ、声のトーンもぐんと明るくなるのだとか。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。