体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

VivoはNexの派生版?「Nex S」も開発中

中国のスマートフォンブランド Vivo は、“真の全画面スマホ” こと「Nex」の他に、Nex の派生モデルとみられる「Nex S」も開発しているようです。
Nex は Vivo が MWC 2018 で披露したコンセプトモデル「Apex」の商用版で、同社の新しいフラッグシップモデルになると期待されています。
その Nex に Nex S という派生モデルが存在するということです。
Nex S の「S」が何を意味しているのかが分からないので、Nex の上位版なのか、それとも廉価版なのか、はたまた小型版なのか、Nex との立場の違いは判断できませんが、先日、ベンチマークサイトに Snapdragon 710 を搭載した Vivo 端末が登録されていたので、Snapdragon 710 を搭載するとなれば、Nex よりグレードの下がる機種だと判断できます。
Vivo は 6 月 12 日に中国で Nex をテーマにした製品発表会を予定しており、今回の Nexs S はその時一緒に発表されると予想されます。
Source : TENAA

■関連記事
サンワサプライ、1軸と3軸のスマホ電動スタビライザーを発売
Sony Mobile、2年前に発売されたXperiaのバッテリー交換を格安で請け負う取り組みを台湾で実施
リコー、「THETA」アプリの再編を実施

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。