体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水曜日のカンパネラ、Moodoidとのコラボ楽曲「マトリョーシカ」MVを公開&配信もスタート

水曜日のカンパネラ、Moodoidとのコラボ楽曲「マトリョーシカ」MVを公開&配信もスタート

 水曜日のカンパネラが、新曲「マトリョーシカ」のミュージック・ビデオを公開した(https://youtu.be/oQ83B8L2w7M)。

 「マトリョーシカ」は、6月27日にリリースするEP『ガラパゴス』の中の1曲で、メロディーズ・ エコー・チャンバーのギタリスト・パブロ率いるMoodoidとコラボレーションした楽曲となっている。

 Moodoidとは、今年5月11日に東京・代官山 SPACE ODDで開催された【La Magnifique Society in TOKYO】と題した同フェスのキックオフパーティーでも共演しており、彼の2ndアルバム『シテ・シャンパーニュ』の「Langage」という楽曲では、水曜日のカンパネラが参加する形でコラボレーションを行っている。

 ビデオの監督を務めたのは、昨年8月に行った生配信ライブ「水曜日のカンパネラLIVE RECORD(170831石巻市荻浜)」の撮影・監督も手がけた山田健人氏だ。山田監督が水曜日のカンパネラのミュージック・ビデオを手掛けるのはこれが初。光と影のコントラストが美しい廃墟の中で、全編ワンカットで撮影されておりコムアイとMoodoidが互いにどこからともなく登場して、一見ワンカットで撮られていないようにもみえる不思議なビデオとなっている。

 なお、「マトリョーシカ」は本日よりEP『ガラパゴス』のリリースに先駆け、デジタル先行配信がスタート。また、楽曲やミュージック・ビデオの制作秘話について語ったコムアイとMoodoidの対談の模様が、「rockin’on.com」にて本日6月1日より公開されており、さらに6月18日23:00~放送のSPACE SHOWER TV『INTERNATIONAL FLASH』内でもOAが決定した。

◎リリース情報
EP『ガラパゴス』
2018/6/27 RELEASE
《CD》
WPCL-12888 2,500円(tax out) 
《アナログ》
WPJL-10103 3,500円(tax out) 
《収録曲》
01.かぐや姫
02.南方熊楠
03.ピカソ
04.メロス
05.マトリョーシカ 
06.見ざる聞かざる言わざる
07.愛しいものたちへ
08.キイロのうた

関連記事リンク(外部サイト)

水曜日のカンパネラ×三宅正一 トークセッション 「私“This Is Japan”できると思う」
水曜日のカンパネラ、新EP『ガラパゴス』の制作秘話や今後の展望を語る
iri、初の海外ライブが決定 水曜日のカンパネラ、yahyelらとともに、6月にフランスで開催されるフェスに出演

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。