体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

醤油にココナッツミルクを混ぜると……アレになる

醤油にココナッツミルクを混ぜると……アレになる

いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらフシギ、おいしい発見がありました。

ビックリされるかもしれないけど、合わせるのはコイツです。そう、生命力あふれた南国のスーパーフード「ココナッツミルク」。

あの甘い乳状ペーストと醤油、いったいどんなコラボをみせる?

ほとんど、アレじゃないか……

醤油にココナッツミルクを混ぜると……アレになる© 2018 TABI LABO

もう、結論からいきます。

そう、バター醤油。

ほぼほぼ。うん、そうとしか思えない。

レシピもへったくれもありませんが、市販のココナッツミルク缶詰を用意しましょう。一部が固体化してますが、気にせずそのまま入れちゃいましょう!醤油は手ごろな「こいくち醤油」をチョイス。

醤油との割合は1:1、攻めてみました。まったくの肌感覚(笑)。それからよく攪拌、分離しやすいからね。

写真のように醤油とココナッツミルクの層ができるので、毎日保存瓶を振って攪拌を続けこれで7日間、冷蔵庫の中でねかせてみました。

活用シーン?BBQっしょ。

醤油にココナッツミルクを混ぜると……アレになる© 2018 TABI LABO

ジャーン、これが生後7日目のココナッツ醤油!

透明度は全くありません(そりゃそうだ)。お味噌をお水でゆる〜くといた感じの見た目。少しココナッツミルクの固形が残り、全体的にオイリーな印象。

小指の先にちょんとつけて恐るおそる味わってみる……あれ、これ知ってる。あれじゃんか!となったわけですよ。

もう、このままトウモロコシに塗っても良さそうだし、熱々のゴハンにちょっと垂らして食べれば、間違いなくペロリ。ココナッツ特有のあのもったりした甘ったるさが、うまいこと醤油のキレで中和され、じつにいい塩梅なんだなぁ。

トライしてほしいのはチキンのソテーとか、ホタテをはじめ海鮮のグリルっすね。つまりバター醤油をかけておいしいものならば、ぜーんぶOK。あとはジャガバター。これは鉄板でしょ。

BBQシーンでも間違いなくウケるって。

ちなみに、こっちもハンパないっす!醤油にココナッツミルクを混ぜると……アレになるスースー感がクセになる「ミント醤油」Top photo: © 2018 TABI LABOLicensed material used with permission by 2018 TABI LABO

関連記事リンク(外部サイト)

スースー感がクセになる「ミント醤油」
ココナッツミルク缶から「カヤジャム」をつくってみよう!
罪悪感とは無縁の「ホイップクリーム」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。