体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジェニファー・ロペス、加齢についてコメント「私だっていつかは老ける」

ジェニファー・ロペス、加齢についてコメント「私だっていつかは老ける」

 DJキャレドとカーディ・Bをフィーチャーし、スペイン語を多用して話題になっている新曲「ディネロ」をリリースしたばかりのジェニファー・ロペス。米エンタメ界の大ベテランである彼女は、曲作りの他にもダンス・コンペティション番組『World of Dance』の審査員を務めたり、複数のプロジェクトをエグゼクティブ・プロデュースしたりと、多忙を極めている。

 そんな彼女は今年の7月に49歳になるが、相変わらずその圧倒的な美貌とスタイルも保ち続けており、「ディネロ」のミュージック・ビデオを見ている限りでは、25歳のカーディ・Bと並んでも全く年齢差を感じさせない。

 ジェニファーは自身の驚異的な若見えを自覚しているようで、エミー・マガジン最新号で自身の加齢について、「あのね、私だっていつかは老けるわよ。みんなに“あいつ老けてるな!”って言われるようになる。でも現時点ではなんとか保っているのよ」と発言している。

 多忙のあまり活動的にならざるを得ないからか、現在の恋人である元MLB選手のアレックス・ロドリゲスにも“若い”と言われるのだそう。「先日アレックスが庭の向こうにいて、私が何かを持って行ってあげてから走って戻ったの。そしたら彼に、“君は25歳のように走るね”って言われた。その頃からのペースを落としてないから、そのままのペースで居られるのかもね。色々痛くなり始めたらまた変わってくるでしょう」と彼女はコメントしている。

 双子の母親でもある彼女は、若さの秘訣はあまりくよくよしないことだと話している。「一日一日を頑張るようにしてる。あまりにも色々あるから、なるべく心配しないようにしてるのよ」と彼女は明かしている。

関連記事リンク(外部サイト)

ジェニファー・ロペスが新曲「ディネロ」MV公開、DJキャレド&カーディ・Bも登場
ジェニファー・ロペス&NE-YO&デレク・ハフが審査員のダンス大会番組が日本上陸! KENZO(DA PUMP)コーナーも
ジェニファー・ロペス、スクリレックスとのコラボ曲はライブで初披露

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。