体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

経営者が「一度は会っておけ」と言う社長が語る、ビジネスに必要な「正直さ」の本質

経営者が「一度は会っておけ」と言う社長が語る、ビジネスに必要な「正直さ」の本質

仕事をしていれば、建前や社交辞令、「嘘ではないけれど100%本当のことではない」といったことを口にしたことは一度や二度はあるはずだ。しかし、そんなとき「正直」になれていない自分を嫌になったり、そんな仕事を辛いと思ったりすることはないだろうか?

「正直者はバカを見る」という言葉もあるが、「バカ正直」を貫いて、アパレルのトップ営業になり、オーダースーツの会社を立ち上げて多くの顧客に愛され、会社を成長させているのが株式会社muse(ミューズ)代表取締役であり、『営業は「バカ正直」になればすべてうまくいく!』(SBクリエイティブ刊)を上梓した勝友美氏だ。

勝氏は営業時代には一年間で500着のスーツを売り、現在、muse(ミューズ)の一着20万円のオーダースーツも飛ぶように売れている。その秘訣は小手先の営業テクニックなどではなく、シンプルに「正直になること」だという。

インタビュー前編では、株式会社muse(ミューズ)が体現する正直さや多くの人が正直に慣れない理由についてお聞きしたが、続くインタビュー後編では、エピソードを交えた「正直」であることの在り方や組織内で正直でいることの考え方についてお届けする。

インタビュー前編はこちら

(取材・文:大村佑介、写真:森モーリー鷹博)

――仕事の上で正直なことがマイナスに働いてしまったことはありますか?

勝友美さん(以下、勝):物事は表裏一体だと考えると、正直なことでマイナスになったことは無いですよね。

正直であってもなくても、人に何かを思われるし、何かは言われます。だとするならば、自分が信じていることを発信した方がよほど良くないですか?

ただ、好きなことを好きなように言いたい放題言うことが正直さではありません。そこに愛情があるかどうか。自分の独りよがりじゃなくて、ちゃんと目の前の人のことを思って話しているかどうかが大事だと思います。

以前、ある経営者の方から「新入社員にスーツをつくってほしい」と言われたのですが、話していたらその新入社員の男性は、「実は俳優になりたいっていう夢があったんです」って打ち明けてくれて、結局、会社を辞めちゃったんですよ。

これはまずいですよね(笑)。スーツも作って、そのお金も社長が払っているんですよ。なのに、私と会って話したためにその人は会社を辞めてしまったんです。

でも、これを「まずいよね」と思う人もいれば、「そういう人が働いていてもお互いハッピーじゃないよね」と思う人もいました。

お互いの幸せがゴールだと考えたときに、「良い事をした」と思うのか「やっちゃった」と思うのか。どっちもあると思うけど、結果、その経営者からは何も言われなかったんです。本人がやりたいことをやる道に進んだわけですから。

それに、その経営者の方は、いまだに新しい社員が入ると、muse(ミューズ)にオーダースーツを頼んでくださっています。

――その社長さんも、勝さんに共感しているということなんでしょうね。

勝:その行動が誰かを陥れようとしたのではなくて、誠実に人と向き合った結果ですし、そう思われているのかもしれません。私は「俳優にはなれないと思うからあきらめて今の会社で働いたほうがいいよ」とは言えなかったから。

――背中を押したという感じですか。

勝:背中を押したというよりは、辻褄の合っていない話をされて、違和感を抱いたんです(笑)。言い訳だらけで優柔不断だったので、「そんな自分が好きなの?」って言ったら「好きじゃないです」と。「じゃあ、変わろうよ」と言って。

ただ、自分がすごく素直で正直だったら傷つくこともやっぱりあります。それだけ全力で人に向き合うということですから。そこで、「相手も全力とは限らない」ということを心しておかないと、寂しいし空しくて、「何なの、人って?」となっちゃう人もいると思います。

こっちが100%だったとしても相手は10%かもしれない。それはやっぱりガッカリしてしまいますよね。でも、そうでもあっても100%で向き合うことが大事だと私は思っています。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。