体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「組織に呑みこまれる怖さを書かずにはいられなかった」 “社畜”精神から生まれた新時代の仕事小説とは?

「組織に呑みこまれる怖さを書かずにはいられなかった」 “社畜”精神から生まれた新時代の仕事小説とは?

ブラック企業や過労死の問題が明るみになり、「働き方」の見直しが叫ばれるようになり、社会全体で「働き方改革」が進んでいるようにも見える。しかし、今までの慣習を急に変えることは出来ない。とにかく残業をして仕事に没頭する人もいる。

『わたし、定時で帰ります。』(朱野帰子著、新潮社刊)はウェブ制作会社を舞台に、リーダーが勝手に進めてしまった無謀なプロジェクトが物語の中心となりつつ、どのように仕事と向き合うかという個々人の苦悩にスポットライトが当てられた新時代の仕事小説だ。

これまでの仕事小説は、一つの大きなプロジェクトを苦難を超えて成し遂げ、大団円を迎えるという筋書きが「王道」と言えるものだったが、この作品は、より個人の働き方にフォーカスして描かれている。

今回は作者の朱野帰子さんにお話をうかがい、小説に込めた想いについて聞いた。前編は物語の成り立ち、ストーリーのモチーフになった出来事についてである。

(聞き手・文/金井元貴、写真:山田洋介)

■職場の困った人は「全員自分の中の要素から作った」

――まず、本作を執筆したきっかけからお聞かせください。

朱野:最初、『yomyom』という新潮社さんから出ている電子雑誌の担当編集さんから執筆の依頼をいただいたときに、「会社にいる困った人をテーマに(小説を)書いてみませんか?」と提案を受けたんですね。

その話を膨らませていくうちに、「会社ってスーパーマンがいて、その人がなんとかしていくよりも、不完全な人たちがチームでなんとか壁を乗り越えていくところがあるよね」という話になりまして。

さらに、あれこれ話をしている中で、担当編集さんが「上の世代の仕事の仕方に納得できない」と。

――どのようなことに納得できないと言ったのですか?

朱野:例えば重要度の低い仕事も命がけでやるとか、健康的に危ない橋を渡るとか。彼女は世代的にゆとり世代なのですが、おそらくそういう上の世代の働き方に巻き込まれていたのだと思います。

一方で、私は1979年生まれの就職氷河期世代なので、仕事に対するマインドや働き方は彼女よりも上の世代と近いところがあって、いわゆる「社畜」側の人間なんです。なので、はじめは就職氷河期世代の人間を主人公にしようと思っていたのですが、話自体が暗くなってしまいそうだと思い、氷河期世代の一つ下にあたる「プレッシャー世代」の生まれにして、絶対に定時で帰って残業はしないという主人公したんです。

――あえて真逆のタイプを主人公にした、と。その主人公の結衣は32歳でウェブ制作会社に勤めています。執筆にあたって取材はされたんですか?

朱野:ウェブ業界の会社に勤めている知り合いに、1話ごとに1時間くらい相談しましたが、取材というほど掘り下げて話すものではなかったですね。こういう状況だとどういう仕事が出てくるの? とか、コスト感覚とか、そのくらいです。

どんな会社にいても共感できる話にしようと思っていたし、業界モノとして読まれるのは避けたかったので、そうならないように意識しました。私自身、9年間会社員をしていた経験があるので、その部分も下敷きにしています。書くのは楽しかったですね。

――第1話で騒動を起こす三谷佳菜子は、「絶対に残業しない」というポリシーを持つ結衣とは正反対で、「死んでも出社する」というタイプですね。

朱野:困った人ですよね(笑)。この物語に出てくる「困った人」は、基本的に自分をモデルにしています。

第1話は、結衣とは真逆のタイプである三谷が体調を崩しながらも「皆勤賞」にこだわるという話ですが、私も高校時代に皆勤賞を狙っていて、自転車で登校中に事故のようなものに遭遇してしまい、怪我をしながら学校に行こうとしたことがあります。

今思うと、なぜそこまで皆勤賞にこだわっていたのかは分からないですが、真面目さが暴走していたところがあったんですよね。

――結衣の「絶対に定時帰り!」というのも含めて、融通が効かないポリシーを持っている人って組織の中にいますよね。

朱野:そうですね。

――そのポリシーがぶつかりあっているのがまさに第1話ですが、現実だとチームがめちゃくちゃになってしまうのでは…と思います。

朱野:ただ、チームの中には多様な価値観があるほうが良いと思うんです。結衣と三谷は両極端だけど、そういう自分と対岸にいるような人が同じチームにいることがどこか心の救いになったりするじゃないですか。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。