体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドライアイから恐怖の激痛に!角膜剥離という状態が想像しただけでも痛すぎる

 PCやスマホを毎日長時間使っている人が多い時代であるとともに、ドライアイが原因の目の疾患や視力低下も増加しています。そんな中、ある漫画家の実体験が大きな話題になっています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 極度のドライアイが原因で角膜剥離という状態が起きたという、漫画家のユイザキカズヤさん。その実体験が漫画となってツイッターに投稿されたところ、5万3千回以上のリツイートを越えるなど大きく拡散されています。その漫画の内容とは……。

 ある夜、仮眠から目が覚めたと思ったら激しい左目の痛みに襲われたユイザキさん。眼球を紙やすりでこすられているような激しい痛みに目も開ける事ができなかったものの、目を閉じていればやり過ごす事ができたため翌日眼科へ。

 眼科での診察結果は「角膜の剥離」。目の表面を覆っている「角膜」という薄い膜が、何らかの原因で剥がれてしまっている状態です。眼科医によると「だいぶベロンといっている」状態だったそう。

 眼球を保護する角膜はとても薄く、数日で再生するのですが、一度角膜が剥がれてしまうと再発しやすくなります。「半年して再発しなかったら完治って事でがんばりましょう」と説明を受けたものの、結局完全に治まるまで1年半を要したのだそうです。

 主な治療は、角膜の保護の為の投薬と目を眼帯で覆う物理的な保護。右目を動かすと左目も一緒に動いてしまいますが、少し動くだけでも痛みは強く、また片目が使えないと遠近感が掴めないため、眼帯を使っている間はかなりの不便があったようです。

 ユイザキさんが特に辛かったというのが、入眠時の目の痛み。寝ている間でも眼球は無意識に動くのですが、目を閉じていても眼球が動くとまぶたの内側と剥離を起こしている部分が擦れてしまい、相当な痛みが出ていたようです。眠気と痛みの両方が無限に続くなんて……。

 完治して3年が経過したという現在、今のところ再発は起きていないもののやはり目を開ける時はかなり慎重に開けているようです。

 この内容を見たネット民からは「同じ様に角膜が剥がれた事があった」「両目同時に起こってしばらく何も見えず、目に塗る軟膏の処置も辛かった」「シャレにならない、怖い」といった声が相次いで寄せられており、複数の医師アカウントからも「繰り返す事の多いものなので湿度に気を付けるなど乾燥に注意し、定期的に診察を」などコメントが寄せられています。

角膜剥離になった時の話 pic.twitter.com/D86m2Imuqz

— ユイザキカズヤ@ノゲです全4巻発売中 (@k_yuizaki) May 30, 2018

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。