体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

罵声を浴びながらも、踊り続けるバレリーナ

罵声を浴びながらも、踊り続けるバレリーナ

バレリーナと聞いて、どんなイメージを思い浮かべるだろうか。

誤解を恐れずに言うならば、スラッとした白人女性が踊っているところだろう。きっと、多くの人が同じような印象を抱いているはずだ。

この種の偏見(自戒も込めて)のため、Stephanie Kurlowさんは批判の対象になる経験を何度もしてきた。なぜなら彼女は、ムスリムとしてヒジャブを被りながら踊っているから。

しかし、どんなに罵声を浴びても諦めない生き方には見習うべきポイントがある。

小さな声を無視して
大きな夢を追いかける

罵声を浴びながらも、踊り続けるバレリーナ© 2018 Stephanie Kurlow

Stephanieさんはシドニーで生まれで、現在16歳。2010年に両親がイスラム教に改宗してから、自身もムスリムとして暮らしている。

2歳のときから彼女はダンスを始めているが、ヒジャブをつけるようになってから、バレエスクールに通うのが難しくなったという。当時は、マイノリティに対する寛容性が今ほどなかったからだ。

母親の協力を得て、なんとかヒジャブをつけたままレッスンを受けられるスクールを見つける。そして、ダイバーシティーを推し進めるためにもクラウドファンディングで、入学金を募ることを決意。

資金調達にも成功し、世界中にStephanieさんの名前は広まるのだが、これはネガティブな経験をするきっかけにもなった。

「今すぐバレエをやめろ。自分の国に帰れ。そんな格好じゃ踊れない」

普通なら諦めたくなる状況でも、彼女は立ち上がった。今では心無いコメントさえも原動力にしているようだ。罵声を浴びながらも、踊り続けるバレリーナ© 2017 Stephanie Kurlow

「枠にとらわれないように。他の人が厄介だと思うことにこそ、可能性を見いだせるはず」

どんなに辛辣な意見も跳ね返す方法を聞いたところ、このように教えてくれた。

大きな目標があるからこそ、小さな障害を簡単に乗り越えられるのかもしれない。

Stephanieさんの夢はヒジャブを被ったバレリーナのイメージを定着させることだ。Top photo: © 2017 Stephanie KurlowLicensed material used with permission by Stephanie Kurlow(HP), (Instagram), (Twitter), (Facebook), (YouTube)

関連記事リンク(外部サイト)

ストイックなバレエダンサーに学ぶ、人生で大事なこと。
アメリカのムスリムたちは、こんなにも多様性にあふれていた。
ランニングやジム通いよりも、「ダンス」がストレスに効く理由

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。