体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「クレヨンしんちゃん」野原しんのすけ役・矢島晶子さんが番組降板 6月29日放送が最後

「クレヨンしんちゃん」野原しんのすけ役・矢島晶子さんが番組降板 6月29日放送が最後

 テレビアニメ「クレヨンしんちゃん」で主人公・野原しんのすけの声を演じている矢島晶子さんが、6月29日の放送を最後に番組を降板することが分かった。テレビアニメ公式サイトを通じて6月1日に発表された。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 矢島晶子さんは、1992年4月13日の番組放送開始時からの出演で、出演期間は26年3か月。放送スタート時には、しんのすけの声やしゃべり方が今とは違い、放送を重ねるごとに現在知られる“しんのすけの声”や“しんのすけの独特なしゃべり方”を矢島さんが工夫をして完成させた。

 しかし放送開始から四半世紀以上がすぎたこともあり、矢島さん本人から番組に対し「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなり、キャラクターの声を作る作業に意識が集中して、役としての自然な表現がしづらくなった」との申し出があったという。これをうけ、番組制作スタッフと協議のうえ、今回の降板が決定された。

 なお、7月からしんのすけ役を演じる人物については、現在調整中だとし、決まり次第改めて発表される。

【矢島晶子さんコメント】
27年間、春我部の「嵐を呼ぶ5才児」と一緒に過ごして参りましたが、この度、野原家から離れることに致しました。
理由は、しんのすけの声を保ち続ける事が難しくなった為です。
キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です。

長い間、皆様に親しんで頂き、本当に感謝しております。

「しんのすけ」というキャラクターとは離れますが、声の仕事には関わっていきます。また別の機会に他のキャラクターでの私の演技を受け取って頂けましたら幸いです。

27年間、ありがとうございました。

矢島晶子

<情報出典>
テレビ朝日「クレヨンしんちゃん」公式サイト

(HideI)

関連記事リンク(外部サイト)

キューティーハニーの下着シリーズ登場 大胆だけど攻めてる感じがカッコかわいい!
TVアニメ「夢王国と眠れる100人の王子様」TOKYO MXほかにて7月から放送決定&ティザーPV解禁
大胆過ぎてエモ~い!「ポプテピピック」のスリッポンが登場!

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。