体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

劇伴作家・ピアニストとして活躍する音楽家のソロライブ決定

劇伴作家・ピアニストとして活躍する音楽家のソロライブ決定

 劇伴作家としてこれまでに多数の映画、TVドラマ、舞台、ミュージカルの音楽を手掛け、日本アカデミー賞優秀音楽賞を2年連続で受賞する快挙を成し遂げた村松崇継のソロライブが9月に六本木・ビルボードライブ東京で開催される。

 2016年に公開された映画「64 -ロクヨン- 前編」、そして2017年公開の「8年越しの花嫁 奇跡の実話」で見事日本アカデミー賞優秀音楽賞した村松崇継。この他にもスタジオポノック初の長編映画「メアリと魔女の花」やアヌシー国際アニメーション映画祭長編部門クリスタル賞受賞した映画「夜を告げるルーのうた」の劇伴を担当し、着実にその名を世に知らしめている。

 今年1月に行われたソロライブ第2弾では、映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』から「繋がり始めた新たな糸」、WOWOWドラマ『コールドケース』から「メインテーマ」、BS朝日『京都ぶらり歴史探訪』テーマ曲「京都 ~悠久の時を超えて」、映画『メアリと魔女の花』から「呪文の神髄」、「メアリのテーマ」など、彼自身が”代表曲”として選んだ楽曲を披露。1曲1曲、全く異なる世界観を見せた。さらに、スペシャルゲストとして登場した辻村有記とともに、二人がコラボレーションした楽曲「Light feat.村松崇継」を披露したほか、May J.をゲストボーカルに迎え、セルフカバーとして昨年リリースした「天使のくれた奇跡」も披露し会場をおおいに沸かせた。

 映画界のみならず、音楽界でも一目置かれるアーティスト村松崇継が、今度はどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、注目が集まる。

 なお、本日から村松崇継のオフィシャルホームページ先行がスタートしている。

◎公演情報
【村松崇継 LIVE Vol.3】
2018年9月8日(土)ビルボードライブ東京
1st Stage Open:15:30 Start:16:30
2nd Stage Open:18:30 Start:19:30

詳細:http://www.billboard-live.com/

◎村松崇継オフィシャルホームページ
http://www.muramatsu-t.net/

関連記事リンク(外部サイト)

村松崇継ソロ公演にMay J.&辻村有記がゲストで登場!村松が手掛けた映画『8年越しの花嫁』や『メアリと魔女の花』楽曲をはじめ「人生初の弾き語り」まで飛び出した集大成のステージをレポート
村松崇継、映画『8年越しの花嫁』で【日本アカデミー賞 優秀音楽賞】受賞
村松崇継、May J.を迎えUSJクリスマス・ショー楽曲「天使のくれた奇跡」をセルフカバー

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。