体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

King & Prince/ソフィー・タッカー、FM OH! 6月のパワープレイに

King & Prince/ソフィー・タッカー、FM OH! 6月のパワープレイに

 FM OH!がマンスリーで選ぶイチオシ・ニュー・ディスク、6月のパワープレイに邦楽にはKing & Prince「シンデレラガール」、洋楽にはソフィー・タッカー「ザッツ・イット(アイム・クレイジー)」が決定した。

  King & Princeは2015年6月5日「Mr.King vs Mr.Prince 」を結成。2016年以降はグループを構成する平野紫耀・永瀬廉・?橋海人の3人からなる「Mr.KING」と、岸優太・神宮寺勇太・岩橋玄樹の3人からなる「Prince」の2つのユニットに分かれての活動となり、写真集もMr.KINGは『DREAM KINGDOM』、Princeは『Prince Prince Prince』を発売、ジャニーズ銀座などの公演もユニットごとに行ってきた。2018年1月1日~1月27日Mr.KING、Prince共に帝国劇場で「JOHNNYS’ Happy New Year IsLAND」に出演を果たし、1月17日の記者会見にてジャニーズ事務所とユニバーサル ミュージックとの新レーベルJohnnys’ Universe(ジャニーズ ユニバース)から「King & Prince」がレーベル第一弾アーティストとしてデビューすることが発表された。そして、3月15日に六本木ヒルズアリーナで行われたイベントではデビュー曲「シンデレラガール」を披露し、5月23日CDデビューを果たした。

 ソフィー・タッカーは、世界最高峰のダンス・レーベル<Ultra>所属。ソフィー・ホーリー・ウェルドとタッカー・ハルペルンの二人からなるニューヨークを拠点に活動中の新人デュオ(2014年結成)。ソフィーは学生時代に合唱部に所属/吹奏楽部でドラムも担当。趣味の一環で作曲活動も。タッカーは幼少期からNBA選手を目指していたが、怪我により断念。以降作曲活動に専念した。米国のブラウン大学在学中にアートギャラリーで出会い、すぐさま一緒に音楽作り始め結成。Dance Music+@をコンセプトとした独自のサウンドが魅力で、ソフィーが大学時代に習ったポルトガル語を用いた楽曲も多数で、2016年7月にリリースしたデビューEP『ソフト・アニマルズ』に収録されている「ドリンキー」が、昨年の第59回グラミー賞で「ベストダンス・レコーディング賞」にノミネートし注目を集める。

◎リリース情報

King & Prince
シングル『シンデレラガール』
2018/05/23 RELEASE
<初回限定盤A(CD+DVD)>
UPCJ-9001 / 1,500円(tax out)
<初回限定盤B(CD+DVD)>
UPCJ-9002 / 1,500円(tax out)
<通常盤(CD)>
UPCJ-5001 / 1,000円(tax out)
▼UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤
<K盤(CD)>
PDCJ-5101 / 900円(tax out)
<P盤(CD)>
PDCJ-5102 / 900円(tax out)

ソフィー・タッカー
アルバム『ザッツ・イット(アイム・クレイジー)』
2018/6/6 RELEASE
<国内盤>
SICP-5666 / 2,000円(tax out)

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】King & Prince『シンデレラガール』が622,701枚を売り上げ大差でシングル・セールス首位
【先ヨミ】King & Prince『シンデレラガール』が456,783枚を売り上げ首位独走
King & Prince、アジア風&ヨーロッパ風のW表紙と両面ポスターで『週刊ザテレビジョン』登場

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。