体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

猫の美術の歴史を辿る、『ねこがいっぱい ねこアート展 エジプトのねこから浮世絵、フジタのねこまで』開催

1806011
長谷川潾二郎『猫』1966年 宮城県美術館蔵

展覧会『ねこがいっぱい ねこアート展 エジプトのねこから浮世絵、フジタのねこまで』が、広島・ひろしま美術館にて開催中。会期は前後期に分かれ、前期は5月23日(水)まで、後期は5月24日(木)~6月24日(日)まで。

本展では、東西における猫の表象の違いや、人々の暮らしの中でみせる猫の様相、愛猫家の作家たちの観察力で捉えられた姿態など、猫の美術の歴史を辿りながらその魅力に迫る。「猫の表象~聖なる猫と悪魔の猫」「人の暮らしとともに」「猫百態」「猫七変化」の4章で構成し、古代エジプトの『バステト女神』をはじめ、フランシスコ・デ・ゴヤ、ジャン=フランソワ・ミレー、ピエール・ボナール、レオナール・フジタ、加山又造、歌川国芳、月岡芳年、高橋由一、黒田清輝、熊谷守一らの約150点を展示する。会期中には展示替えも行なわれる。

『ねこがいっぱい ねこアート展 エジプトのねこから浮世絵、フジタのねこまで』
2018年4月21日(土) ~6月24日(日)
前期:4月21日(土)~5月23日(水)
後期:5月24日(木)~6月24日(日)
会場:広島県 広島 ひろしま美術館
時間:9:00 ~17:00(金曜は19:00まで、入館は閉館の30分前まで)
料金:一般1,300円 高大生1,000円 小中学生600円
※65歳以上は1,100円
※障がい者と同伴者1名は無料(要障害者手帳)

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。