体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

急なUFO襲来に備えよ!具体的対策を盛り込んだ「全国統一UFO対策模試」実施

急なUFO襲来に備えよ!具体的対策を盛り込んだ「全国統一UFO対策模試」実施

 危機管理が叫ばれる昨今、個々個人レベルでも不測の事態にそなえて、自身や家族の身を守るための防犯対策はもちろんのこと、知識を蓄えることも求められつつあります。

 そんな中、ある日突然、UFOが地球を襲ってきたら?宇宙人に道でばったり出くわした時はどう対応すべきなのか?急な宇宙からの襲来に備えて十分な対応方法を知識として持っている人はどれだけいることでしょうか。え?そもそも必要ない?

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 そんな元も子もない声が聞こえてきそうですが、日清食品株式会社が6月24日の「U.F.O.の日」に向けて、「全国統一UFO対策模試」を6月1日(金)からWebサイト上で開始しました。

 この模試は、2018年2月27日の国会答弁において、政府がUFOについて「存在を確認したことはなく、対応についても特段の見当を行っていない」と発言したことを受け、日清焼そばU.F.O.が同じ名を冠するブランドとして、この危機的な状況を解消し、UFOに対して然るべき対策を講じるべく大真面目に実施するものです。

 模試の設問はスーパーミステリーマガジン 月刊「ムー」が全面的に監修。急なUFO襲来時に身を守るために必要な知識が、全15問の設問に答えながら身につけることができるようになっています「触れても安全なUFO」「UFOを発見した場合の通報先」など、設問のすべてが実践的かつ効果的な内容。

【設問一部抜粋】
■UFOとの遭遇を避けるためには、毎月何日の外出を控えるべきか?

1:13日 2:24日 3:1日 4:11日 

■異星人が襲ってきた! ねらうべき急所はどこか?

1:目 2:身につけてる装置 3:鼻の穴 4:後頭部

■UFOからの光線を浴びてしまった! とるべき行動はどれか?

1:服を脱ぐ 2:湿布をする 3:マッサージする 4:水を飲む

■UFOを発見したことを通報しよう!まずどこに連絡すべきか?

1:テレビ局 2:新聞社 3:警察 4:ムー編集部

 なお、模試を終了した人を対象に、「UFO対策修了証(オリジナルクオカード624円分)」をプレゼントするキャンペーンも行われています。全ての問題を解答した後に、出てきた判定結果をTwitterでシェア、あわせて日清焼そばU.F.O.公式アカウントのフォローをすることで応募が完了します。期間は2018年6月1日(金)~6月24日(日)23:59まで。当選発表はツイッターのダイレクトメッセージで行うそうです。

 さらにこの企画では、本当にUFO対策は必要ないのかを国民に問う「UFO国民投票」も併せて開催されます。こちらは「6月24日はU.F.O.の日キャンペーン」特設サイトにて、「必要」「不要」それぞれに清き一票を投じるだけ。投票期間は6月24日(日)23:59までとなっています。

(答え:2:24日、2:身につけている装置、1:服を脱ぐ、4:ムー編集部)
情報提供:日清食品株式会社

関連記事リンク(外部サイト)

「ニホンジン、ナンデ、クルーズ、ノラナイノー??」 イタリア人社員が考えた日本クルーズ史上前代未聞の企画が実現
オンもオフもハイブリッドに楽しむ人のために。表参道で体験型イベント開催
母に関する100問 「2018年全国一斉母の日テスト」が何だか泣ける

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。