体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まさにバリウマ!伝説のすた丼屋が期間限定新メニュー「博多とんこつ“MTK”すた丼」を販売開始!!

IMG_5955
これまで数え切れぬほどのハラヘリたちを満足させてきた「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」。そんなガッツリ系の殿堂が、6月1日より期間限定の新メニュー「博多とんこつ“MTK”すた丼」(税込980)の全国販売を開始した。
「博多とんこつ“MTK”すた丼」は、同店が展開する「ご当地すた丼」の第5弾にあたる丼。シリーズ第1弾「北海道すた丼~濃厚バター醤油味~」の販売からちょうど1周年の“記念丼”ということで、節目にふさわしいグルメな大都市・博多にスポットを当てたと言う。
商品名からもわかる通り、この丼のモチーフは博多とんこつラーメンだ。味のベースとなっているのは、ニンニクが効いたこってり濃厚なとんこつダレ。お湯で割ればとんこつラーメンのスープにもなりそうな濃い~味つけに、お茶碗3杯分という大ボリュームのご飯が次々と胃の中におさまっていく。そして博多とんこつラーメンのお約束である高菜や紅ショウガ、キクラゲなども勢揃いし、これがまたイイ仕事をする。
「だったら最初からラーメンでよくない?」
と思うなかれ、舞台をご飯に変えるためのアレンジもしっかりと光っている。まずは、豚バラ肉の上に鎮座する明太子。このたっぷりの明太子によりピリッとした辛みが加わり、より一層箸を持つ手が加速する。この辛みは、夏バテにより食欲が落ちてくるこれからの季節にも、強い味方となりそうだ。
そしてもうひとつ見逃せないのが、生玉子の存在だ。まずはそのままでいただき、頃合いを見て玉子を投入。マイルドさが加わり、よりジャンク度がアップする。この明太子と玉子こそが、ラーメンではなく丼ものである「博多とんこつ“MTK”すた丼」の工夫。MTKには「明太子(M)」、「玉子(T)」、「かけ(K)」という意味があるのだ。
ちなみに博多とんこつラーメンと言えば「替え玉」が定番だが、こちらでは「替え飯」(税込110)をご用意。最後の最後まで芸の細かい一杯だ。

【Nicheee!編集部のイチオシ】

極上のジューシー感!ロティサリーチキン専門店「COSUGI LODGE(コスギロッジ)」が武蔵小杉にオープン五月病を吹き飛ばせ!「伝説のすた丼屋」が期間限定メニュー『がっつき塩ホル丼』を販売開始【裏わっきーTV】#25 お店自慢のローストチキンにラクレットチーズ!ビストロ・ウナ・ストラーダ

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。