体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマートルアー、投資家から資金調達に成功し、釣り用のIoTルアー開発を本格化

2017 年 3 月に設立した北海道のスマートルアー社は、初めて実施した投資家たちからの資金調達に成功し、製品の開発を本格化させることを発表しました。
スマートルアーは、疑似餌、つまりルアーを使用する釣りの分野に向けて、センサー内蔵ルアーや連動するスマートフォンアプリを開発・提供することで、釣りをもっと楽しいものに変えようとするスタートアップです。
釣りと言うと、経験や勘がものを言う世界だと思いますが、スマートルアーではそうした感覚的な部分をセンサー内蔵ルアーとスマートフォンアプリを使って養えるよう釣り人をサポートします。
釣り人用のスマートフォンアプリは既に多く出回っていますが、それらの殆どは釣果を記録・公開したり、釣りスポットを共有する程度にとどまっています。
スマートルアーでは、魚が好む場所の水温や明るさ、魚の視界、魚が反応するルアーの種類やルアーを見た時の挙動などをセンサーデータとスマートフォンアプリで分析できる製品を開発しており、分析結果から魚の習性を学び行動を予測できるので、魚の気持ちになって考えて釣りをすることが可能になります。
スマートルアーは今後、海中でもデータを取得できて、スマートフォンアプリともリアルタイムに連動できるセンサーや、センサーデータを分析するスマートフォンアプリの開発を本格化させます。
Source : スマートルアー

■関連記事
HOYA MW10 HiKARIでプロジェクター視聴で活用
Sonyのマルチファンクションライトが一般販売開始、Amazon Alexaにも対応
LGは次にWear OSスマートウォッチを発表か?

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。