体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Xiaomi、新フラッグシップ「Mi 8」と「Mi 8 Explorer Edition」、「Mi 8 SE」を発表

Xiaomi は 5 月 31 日、中国・北京で開催したプレスカンファレンスで 2018 年のフラッグシップスマートフォン「Mi 8」をシリーズで発表しました。
Mi 8 は昨年のフラッグシップ「Mi 6」の後継モデルで、スマートフォンとして世界で初めて感圧タッチ機能と指紋リーダーを内蔵したディスプレイ、L1 + L5 のデュアルバンド GPS を採用し、Android スマートフォンで初めて Face ID を採用するなど、初モノ尽くしという内容です。
Mi 8 では、Samsung 製の 6.21 インチ 18.7:9 の AMOLED ディスプレイを用いた全画面デザインを採用しており、ディスプレイサイズは大幅に拡大していますが、端末の横幅は 74.8mm と 5.5 インチ 16:9 スマホ並みのスリムさを実現しています。
質量も 175g とそこそこ軽いです。
外見も Mi6 から大きく変わっていますが、アルミフレームと湾曲形状のガラスパネルという構造は引き継いでいます。
Mi 8 は Snapdragon 845 をプロセッサに採用しており、メモリ構成は 6GB RAM + 64GB ROM、6GB RAM + 128GB ROM、6GB RAM + 256GB ROM の 3 タイプです。
また、半透明ボディの Explorer エディションは 8GB RAM + 128GB ROM のみ用意されています。
Mi 8 のリアカメラは 1,200 万画素 + 1,200 万画素のデュアル仕様で、前面には 2,000 万画素カメラを搭載しています。
リアカメラのイメージセンサーはどちらも 1.4μm 画素サイズで、デュアルの PDAF や 4 軸之手ブレ補正に対応しており、AI 活用したスマートズーム機能や、AI がシーンを 206 種類の中から識別し、カメラ設定を自動調整して撮影する AI シーン検出機能を搭載しており、DxO によるカメラベンチマークでは静止画で 105 点をマークしています。
Explorer モデルに搭載された Face ID とは、専用モジュールを使用してユーザーの顔をモデル化し、フェイスアンロックの他、ユーザーの 3D モデルを作成したり、3D アニメーションのアバターを作成できます。
Xiaomi は Mi 8 の他に、より小型な Mi 8 SE も発表しています。
Mi 8 SE は 5.88 インチ 2,244 x 1,080 ピクセルの FHD+ ディスプレイや Snapdragon 710 プロセッサ、背面に 1,200 万画素 + 500 万画素のダブルレンズカメラ、3,120mAh バッテリーなどを搭載しています。
Mi 8 の価格は 2,699 ~ 3,299 元で、Explorer エディションは 3,699 元、Mi 8 SE は 1,799 元です。

■関連記事
HOYA MW10 HiKARIでプロジェクター視聴で活用
Sonyのマルチファンクションライトが一般販売開始、Amazon Alexaにも対応
LGは次にWear OSスマートウォッチを発表か?

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。