体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

never young beachが伝授! ベース&ドラムの「耳コピ方法」

never young beachが伝授! ベース&ドラムの「耳コピ方法」
J-WAVEで放送中の番組『THE KINGS PLACE』(水曜担当:never young beach)。5月30日(水)のオンエアでは、巽 啓伍(B)と鈴木健人(D)のふたりでお送りしました。

■ベースを耳コピする方法

番組では、ネバヤンも出演したフェス「METROCK 2018」を観たというリスナーからの以下の質問に答えました。

私もベースを弾いているのですが、上手く“耳コピ”ができません。コツがあったら教えてください。また、ネバヤンの曲でベースを弾いていて一番楽しい曲は何ですか?

:どうやって練習しているんだろうね。普通に音楽を聴きながら、ベースを弾いてたら聴こえへんやん。ベースは音が低いし、弦楽器みたいに「ジャン」と生音が大きいわけじゃないから。僕も「何かいい方法がないかな」と思って、「イヤホンを着けます。耳コピしたい音楽を流す。そしてベースを持つ」で、普通にいったら、たとえば、その曲のキーとかがわかっていれば、そこからルートみたいに出せる音が決まっているから、そこから探ればいいんだけど。もっとアナログな方法として、「顎をベースの本体に当てて音楽を流す。聴きながら弾いて音を探す」。そうすると、弾いた音がボディと顎の骨を伝って……。
鈴木:骨伝導だね。
:「アンプにつながって、イヤモニをしているんじゃないか」ってくらい聴こえてくるから。今ならiPhoneとかで聴いているのかもしれないけど、気になったらすぐに巻き戻せるじゃん。それで同じフレーズを聴いて、顎を当てながらそこを何回も練習するわけ。
鈴木:相当、屈みながらやってるわけだ。
:すごく肩がこるんだけど、夢中になってるから気にならないよね。それでやってみると、ハッとする。僕も初めて顎をつけたときに「こんなに鳴るんや!」という感動があったから、ぜひ試してほしい。
鈴木:あと、僕らの曲で弾いてて楽しい曲は?
:たくさんあるけど、練習しやすいといったら『SUNDAYS BEST』かな。『SUNDAYS BEST』は、だいたい同じフレーズの繰り返しで、そこでアレンジしているから。だから、すごく練習し甲斐があるんじゃないですか。音も拾いやすいし、同じポジションでちょっと低い位置に変えてるだけだから。(手の動きは)そんなにないから、コピーしやすいんじゃないですか。
鈴木:顎をつけて『SUNDAYS BEST』を弾く。

■ドラムの耳コピ方法も伝授!

ベーシストならではの耳コピ方法を伝授してくれた巽。さらに、鈴木がドラムの耳コピ方法を教えてくれました。

鈴木:ドラムの場合はビート。8ビートとか、テンポの早い遅いとか、難しいことをやっている、やっていないはあるけど、基本的には「ドン・パン・ドン・パン」で、だいたい曲のビートは成立するから、耳コピ自体は簡単なんだ。この音がバスドラムとかスネアとか、判別できるようになったら、わりと簡単だと思う。ドラムをやっている人で、耳コピが大変だと思っている人は、いろいろな曲をコピーすると思うんだけど、最初にテンポだけ合わせて、シンプルなビートをやっちゃっていいと思うんです。たとえば、「ドン・パ・ドン・ド・パ」みたいなビートがあるとしたら、どんどん簡略化して「ドン・パン・ドン・パン」ぐらいまでシンプルにしていいと思うんですよね。基本のところは何が鳴っているのか、バスドラ、スネア、タムとかがわかるようになれば、簡単。
:いろいろな曲で、ドラムとかベースとか、それぞれの楽器に集中して聴いていると、自然と聴き分けられるようになる。だから、そのコピーしたいベースとかドラムにフォーカスして聴くのがいいんじゃないですかね。

楽器演奏をする人は、ぜひ参考にしてみてください! 放送では他にも、「KINGS MEETING」のコーナーで、月曜担当・CHAIとの対談模様などをお送りしました。ぜひradikoでチェックしてみてください!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『THE KINGS PLACE』
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。