体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初めての出産は予定日より遅れやすいと聞いてたけど…予想外のスピード出産に驚き!

f:id:akasuguope01:20180325140351j:plain

初めての妊娠はわからないことばかりでした。 少しでも妊娠や出産について知識を持っておきたいと思った私は、インターネットで調べたり、母や先輩ママなどに話を聞いたりすることにしました。

どうも初めての出産はだいたいの人が予定日よりも遅れることが多いということがわかりました。 でも、準備はできているのにこしたことはないと思い、出産予定日の1ヶ月くらいから赤ちゃんを迎える準備や入院の準備を始めました。

病院の母親教室やインターネットで調べ、必要な荷物を揃え、入院に必要なものは、事前に準備しておいたママバッグにつめておきました。

もちろん、陣痛が来たときに焦ることのないように、電話した時に聞かれることをあらかじめメモし、落ち着いて答えられるようにしておきました。

そして、出産予定日から18日前の朝のことでした。

丁度、赤ちゃんの布団にかぶせるシーツを洗濯して干し、朝食を食べていると少しいつもと何か違うなと感じる症状に襲われました。ただ、まだ出産予定日まで半月以上もあるので、気にしすぎなのかあるいは前駆陣痛かなと思い食事を続けました。

そして、夫を仕事へ送り出して朝食の片づけをしていると、急にさっき感じた違和感よりも強い痛みに襲われました。 床にふさぎ込み痛みに耐えていると、次第に痛みは治まっていきました。

やっぱり何か違うと感じた私は、夫に相談。「不安なら病院に電話してみたら?」といわれたので、病院に電話することにしました。 ですが電話しようとしたところ、また同じ痛みがこみ上げてきたのです。

病院に電話する間も痛みに襲われているので、痛みに耐えながらゆっくりと状況を説明。 電話している途中、ついつい我慢できず力んでしまい温かいものが出てくるのを感じたので、腰に薄めの毛布を巻き付けました。

破水している可能性があるので、至急病院に来てくださいと言われ、慌てて夫に電話をして帰ってきてもらい、病院まで急ぎました。 車の中でも陣痛に襲われ、なんとか病院までもってほしいと叫びました。

病院に到着して、30分も経たないうちに、私は外来の検査台の上で息子を出産しました。 関連記事:「陣痛に気づかなかったらどうしよう」はいらない心配だった!まだかまだかと待ちわびた陣痛、初産なのにスピード出産

いろんな人に話を聞くことや、インターネットで調べることも基礎知識を持つ上で大切な ことですが、出産は1人1人違うので、初めてだからといって必ずしも遅れるということはありません。

私は予定日1ヶ月前まで働いていたので、体を動かしていたことも出産を早めた理由の 1つかもしれないと思いました。 関連記事:ヨガや日々の運動のおかげで初産なのにスピード安産でした!

妊娠したときは、念には念を入れて2ヶ月前には赤ちゃんを迎える準備や入院の準備を始め、いつでも赤ちゃんを受け入れられる態勢をつくっておくことが大切だと身に染みて感じました。

次の出産を迎えるときは、万全の準備をして焦ることなく大切な命を迎えてあげたいなと思いました

f:id:akasuguope01:20180325134237j:plain

著者:ひめ

年齢:31歳

子どもの年齢:2歳8ヶ月、7ヶ月

家中を暴れまわる元気な息子の育児に奮闘しながら、腹ばいで行動範囲を広げている娘の成長に驚かされながら毎日を過ごしています。まだまだ新米ママですが、自分が経験したことを文章にすることで、これから出産や妊娠を控えている女性の支えや参考になるものが書ければと思っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「鼻からスイカ」「ものすごーい生理痛」…よく聞く陣痛5タイプ。さぁあなたはどのタイプ? by モチコ
お腹の子がはからってくれたの? 陣痛が不思議に遠のき、祖母の最期に立ち会えた
呼吸法を練習しすぎて、いきみ方がわからない!? 助産師さんの絶妙な例えと幻覚 by ハナウタ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。