体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

連日の日大アメフト部謝罪会見。マナーとしてはどう評価すべきか

連日の日大アメフト部謝罪会見。マナーとしてはどう評価すべきか

何のために開くのか?世界的にも珍しい日本の「謝罪会見」のマナーを検証

今ではすっかりおなじみになった日本の謝罪会見。皆さまはどんな気持ちで聞かれていますか?

私は毎回うんざりした気持ちで聞いていますが、今回は大学の運動部の不祥事に関する会見で、監督に続き学生までが記者会見を開き、さらにそれを否定するような会見が監督とコーチにより開かれ、その後学長の会見と、たてつづきに開かれたことは前代未聞ではないでしょうか。恐らく世界でもあまり前例がないことでしょう。

そもそも謝罪会見とは何か?どんな目的で、誰のために、マスメディアを通じて開いているのか?加えて、謝罪会見に当たり、服装や内容にこれといったマナーが存在するのか?今話題騒然の日大アメフト部の謝罪会見を検証してみます。

謝罪会見ではその時々に対して誠意ある対応が要求される

謝罪会見とは罪や過ちを詫びる目的で、マスコミに囲まれ公に対して謝ることと捉えられていますが、そうであれば該当するのは国家公務員や政治家の謝罪会見が中心になってしかりと考えます。

つまりそれ以外の人にはあまり必要ないと思いますが、最近では有名人や社会的影響力が大きい人が、何か不祥事を起こせば謝罪会見を開くのが当たり前になってきた感があります。

従ってテレビで謝罪会見を報道することについて、何ら不思議に思う人も少ないでしょう。ひとえにSNSの発達により、以前に比べて反響があまりにも拡大しすぎるからだと思います。だからこそ、その時々に応じた誠意ある対応が必要不可欠だと痛感します。

直ちに当事者に謝罪しなかった日大側の初期対応の悪さ

今回の日大アメフト部の謝罪会見しかりです。事の発端は大学同士の試合での出来事であり、そこでの不祥事が発覚してけが人が出たら、たとえ意図的である、なしにかかわらず、直ちに当事者に謝罪すべきだったのではと思います。

謝罪する相手は公に対してではなく、あくまで被害を被った相手チームの関学大アメフト部の学生や家族やチームに対してです。この点においても初期対応が非常に良くなかった感がゆがめません。

だから問題が大きくなり、これにSNSの力が加わり、事の重大性が世界規模に発展し大きな騒動になったのでしょう。そこで悪質な反則行為を犯した日大アメフト部の監督が、公人ではないが謝罪会見を開かなければ、世間もマスコミも許してくれそうもなくなり、会見を開くに至ったようです。

しかし、これも誠意が感じられるものではなかったようで、かえって世間や選手から反感を買った次第で、続いて反則行為を行った選手自らが会見を行い、さらにこの選手の主張を否定、反論する会見がすでに辞めた監督にコーチが加わり開かれました。そこでそれぞれの謝罪会見について、マナーの視点でどう評価するか考えてみたいと思います。

最初に開かれた日大内田監督の謝罪会見について

1. 謝罪の対象が不明瞭だった

先ず謝罪する相手は被害者とその家族や相手チームに対してですが、その的が外れていたので、会見そのものが曖昧になった気がします。だから一番大切な「誰に、何を伝えたいのか?」が明確にならなかった気がします。

2. 謝罪のタイミングがあまりにも遅すぎた

謝罪のタイミングがあまりにも遅すぎた気がします。謝罪のポイントは迅速な対応ですが、タイミングがあまりにも遅すぎたように思います。周囲から催促されてからではだめでしょう・・・。

3. 違和感を覚えた服装

謝罪会見では服装は大切です。真摯な謝罪を印象付けるには最もきちんとした服装が基本ですが、個性的になるより、目立たない色がお勧めです。従ってピンクや赤のネクタイは感心しません。また謝罪時の服装にはクールビズもウオームビズもないでしょう。

4. 記者からの質問に対する回答が不十分だった

謝罪のための会見なのに、記者からの質問に明確に答えていません。つまり相手が一番知りたいことに触れなかった点は良くなかったと思います。

謝罪会見を開いた以上は、洗いざらいなんでもしゃべるとの思いで、全員が納得するまで会見を終わって欲しくなかった気がします。多くの人が知りたがっていたことが、不十分のまま打ち切られたことについて誠に残念に思います。

5. 謝罪会見でも誰も納得させることができていなかった

1 2 3次のページ
JIJICOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。