体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この夏、家で食べるカレーはコレ!注目のレトルトカレー3選

夏になるとなぜか無性に食べたくなるのがカレー。あのスパイスのきいた辛さを思うとつい食欲をそそられてしまう。そこで今回は、家でカンタンに食べられる注目のレトルトカレーを3つまとめて紹介しよう。キッチンに常備しておけば時間がないときでも手軽にエネルギー補給ができそうだ。


1.「ゴールデンカレーレトルト バリ辛」
まずは、5月21日(月)に発売になったばかりの新商品をチェック。こちらは、世界一辛い唐辛子と言われる「ブートジョロキア」に、品種からこだわった3種の焙煎唐辛子を加え、“辛み”だけでなく“旨み”と“風味”もアップしたゴールデンカレー。ルウタイプのものに比べて香辛料を約1.4倍使用し、香り豊かに仕上げた夏季限定商品だ。価格は、240円(税別)。


2.「プレミアムビスクカレー」
より“プレミアム”なカレーが食べたいときはこちらがおすすめ。ニューオータニから6月1日(金)に発売の「プレミアムビスクカレー」は、海老や香味野菜、そしてニューオータニ伝統のスパイスをゆっくり長時間かけて煮出し、ぐっと旨味を引き出したカレー。海老の芳醇で深みのある味わいと鮮やかな海の香りが口いっぱいに広がり、爽やかなスパイスがクセになるポタージュのように滑らかな味わいだ。価格は1個1200円、ビーフカレー2個+ビスクカレー2個の計4個入りが5000円(いずれも税別)。ホテルニューオータニ東京・⼤阪・幕張の各ホテルショップ、オンラインショップで販売。


3.「ホテル・シェフ仕様シリーズ 特製ビーフカレー 4個パック」
家族みんなで手軽に楽しみたい、というときにはリニューアル発売中のこちらがおススメ。4個パックで521円(税別)という価格も魅力的だ。味わいのポイントになる“ソテー・ド・オニオン”を新たに使用して、玉ねぎの量を4%アップ。こだわりの牛肉具材にじっくりと炒めた玉ねぎと生クリームをあわせ、自然な甘みと奥深いコクもさらにアップした。ビーフカレーは、甘口・中辛・辛口の3種類があり、ほかにビーフハヤシ4個パックもある。ヱスビー食品から。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。