体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

たくさんの行事がある保育園。我が子の様子や先生との関係性が見えるいい機会に

f:id:akasuguope01:20180325140548j:plain

0歳から保育園に通っていた子どもたちは、0歳のときから保育園の行事に参加しています。こちらは強制ではなく、赤ちゃんの体調や家庭の予定によって不参加でもいいという行事でした。

保育園ではパパママが働いている家庭がほとんどなので平日の行事は難しく、すべての行事が土曜日に行われていました。 関連記事:やはりプロの1枚は違う! 保育園の行事のたび写真を大量購入してしまいます…

保育園主催の夏祭り、系列の施設と合同の秋祭りやバザー、運動会など、すべて保育園の先生方が係りをやってくれるので、子ども達と家族は当日参加するだけ。ですので、参加しやすくて助かっていました。

0歳や1歳の子どもたちには難しい運動会では、パパママが抱っこしたり、手をつなぎながら入場し、開会式。学年ごとの出し物も親子で参加するものばかりでしたが、普段保育園で聴いている音楽が流れるとそれまで繋いでいた手を離して踊りだす子、抱っこされたままだけど、体を揺らしてニコニコしている子、みんなすごく楽しい表情を見せてくれました。

1歳になったばかりの我が子も手を叩いて、リズムに乗っていました。気分が乗ってきて、しゃがんだり立ったりを繰り返していると、反動で尻餅をついてしまったりしていましたが、そんな姿ですら愛らしくて癒される時間でした。

保育園で開催されるお祭りでは、普段おうちではできない手形スタンプや工作を教えてもらいました。いつもとは違った雰囲気に最初は緊張してた我が子も少しずついつも通りの姿に戻ってきて、普段一緒に遊んでいると思われるお友だちとはしゃいだり、担任の先生に「抱っこしてー」と近寄ったり、楽しそうにしている姿や先生との接し方も見ることができて、とても安心しました。

また、保護者参加型ではない園児だけのクリスマス会や節分の豆まき、鍋パーティなどの行事は平日に行われていました。いつもは違うお部屋にいるお兄さんお姉さんと会うことができて「かわいいね」、「いいこだねー」と可愛がられてとっても嬉しそうでした。

豆まきで鬼に扮した園長先生をとっても怖がっていたことなど、いろいろな話を聞くことが何度もあって、「そんな姿も見せてくれたんだ、見てみたいなぁ」と感じ、お休みの日におうちでもイベントをやるようになりました。

0歳児から年長さんまでで50人ほどの小さな保育園でしたが、たくさんの行事をしてもらいました。赤ちゃんで楽しめないかな?と思っていても、参加することで普段の我が子の様子や先生との関係性が見られるいい機会だと感じたので、これからも積極的に行事には参加したいな、と思っています。 関連記事:5年間通った保育園を終えた今、生まれた時からのことが走馬灯のように… by tomekko

f:id:akasuguope01:20180325135612j:plain

著者:まっち

年齢:27歳

子どもの年齢:7歳、1歳

子育ても、仕事も、家事も、遊びも手抜きのできないまっちです。子供にはいろいろな経験をしてもらいたいと思い、興味があることには触れさせてあげられるように日々過ごしています。離婚歴があり、悩んだこともあったけど今の自分がいるのは家族がいるから。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

やはりプロの1枚は違う! 保育園の行事のたび写真を大量購入してしまいます…
保育園の朝の準備に手間取る……毎日、遅刻寸前で会社まで猛ダッシュ!!
心の準備はしていたけど…やっぱり辛い!朝の保育園で大泣きされる毎日

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。