体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小島慶子「これ、おかしい!と思ったら、訊かずにいられなくて」

小島慶子「これ、おかしい!と思ったら、訊かずにいられなくて」
J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「SAWAI SEIYAKU WONDERFUL LIFE」。5月30日(水)は、エッセイスト、タレントとして活躍する小島慶子さんをゲストにお迎えし、「伝えること」についてお訊きしました。

■オーストラリアと日本を行き来して生活

現在、ご家族とオーストラリア在住の小島さん。なんだかんだと仕事で毎月、日本とオーストラリアを行き来しているそう。

小島:書く仕事はどこにいてもできるんですが、講演会や、スタジオや、テレビに出たりといった仕事は日本に来ないとできないので。
クリス:向こうでもやっちゃったらどうですか?(笑)
小島:クリスさんみたいに英語ができたらいいんですが、私はインチキ英語だから(笑)。移民の国は英語が下手でもみんな優しいので、なかなか英語が上達しないんです。

元々はテレビ局でアナウンサーを15年務めていた小島さん。最終的には報道もイメージしていたそうですが、ちょっとやってみて「ニュースを読むだけでつまらないな」と思ったそう。

小島:すごく難しいお仕事なので、私は適性がなくてですね(笑)。でも15年間でひととおり、ニュース番組やバラエティなど経験させていただいたのでよかったですね。

■「みんなどうですか?」訊かずにいられない

最近はコメンテーターをしている印象も強いですが、「実はそんなにしてない」とのこと。

クリス:(印象が強いのは)なんででしょうね?
小島:たぶん、ツイートしたりとか、いろんなところにエッセイを書いたりとかしてるからかな。
クリス:言葉が届いているんでしょうね。正義感が言葉に入っている気がします。
小島:何が正義かはわからないですが、自分がこれはおかしいと思ったときに、「あれ? 私だけ? みんなどうですか?」って訊かずにはいられないというか、我慢ができないんです(笑)。今はうっかりそういうのを訊けてしまう道具が、SNSとかあるので、みんなに聞いちゃうんですよね。

身近な人で意見が違う人がいると、「えっ、君そうだったの!?」ってワクワクしちゃうとも語っていました。そんな小島さんのツイッターなど、気になった方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOOD NEIGHBORS』
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。