体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

だれも思いつかなかった「音楽の聴き方」

だれも思いつかなかった「音楽の聴き方」

僕が高校生の頃は、出たばかりのCDをよくお店で試聴していたものです。

「どんな曲だろう?」とワクワクしながら聴いていた当時のあの感覚を思い出させてくれるアートがラスベガスにありました。

考案者はアーティストのGeorge Zisiadis氏。彼は木から15個のヘッドフォンを吊るしクラシックやロック、ポップミュージックが流れるアートを制作したのです。だれも思いつかなかった「音楽の聴き方」© George Zisiadisだれも思いつかなかった「音楽の聴き方」© George Zisiadis

仕組みはシンプルで、長いケーブルでヘッドフォンをそれぞれの音楽プレイヤーに繋いでいるだけ。

彼いわく、音楽に出会う喜びを感じて欲しかったそうです。© George Zisiadis

残念ながらこの展示をしていたバーが閉店してしまったため、現在は体験することができません。

最近はSpotifyやAppleMusicに任せっきりですが、あの頃みたいなワクワク感はなくなった気もするな〜。Top photo: © George ZisiadisLicensed material used with permission by George Zisiadis

関連記事リンク(外部サイト)

青春と音楽。変わりゆく「視聴スタイル」。
音楽を聴いて鳥肌が立つ人は、普通とは違う脳の持ち主。(米・研究結果)
最も影響力のある「音楽ジャンル」が判明!科学者が17,904曲を検証して、判明した音楽史の真相とは?

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。