体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Perfumeの職人魂に刮目せよ “手の中で踊る”イメージのスマホ向け縦動画MVでもこだわりのシンクロダンス

Perfumeの職人魂に刮目せよ “手の中で踊る”イメージのスマホ向け縦動画MVでもこだわりのシンクロダンス

 Perfumeとパナソニック株式会社のタテ型洗濯機「温水泡洗浄W(ダブル)」とのコラボMV「Everyday」-AWA DANCE ver.2.0-が公開されました。今回の映像はスマートフォンでの視聴推薦の作品。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 3人組テクノポップユニットのPerfumeと、パナソニック洗濯機とのコラボは2017年にスタートしました。2017年当時新曲だった「Everyday」のMVとして制作され、パナソニック洗濯機の搭載機能“泡洗浄”の泡をテーマに、演出振付家のMIKIKOさんによる可愛いダンスで注目をあつめました。

 ver.2.0の今回は「タテ」と「温水」がポイント。MVをスマートフォンで視聴した場合、彼女たち3人が入れ替わりしながら、まるで手のひらで踊っているような演出がくりひろげられ、泡洗浄が温水泡洗浄にパワーアップしたことをイメージした温かみのある色調の演出もほどこされています。

 撮影は、固定したカメラ側の正面以外、板に覆われた小さなボックス型のセットで1人ずつ順番に行われました。このため従来のダンスをベースにしつつも画面の幅にあうよう動きが調整され、さらに洗濯機の“タテ型”と“温水”を象徴するMIKIKOさんによる新たな振付もくわえられています。メンバーののっちは約1年踊っているダンスの動きが変わるという試みについて「元々ある楽曲の振付をちょっとだけ変えて踊ることがあまりないので、撮影は緊張しましたね」と語り、仕上がった映像での自然な様子とは裏腹に当時の緊張した様子をつたえています。

 また、撮影は別々に行いつつもその他の2人は必ず立ち会い、その場で3人の映像を合成して、それぞれのズレがないかどうかチェックしながら進めていったそうです。

 この独特の撮影について、あ~ちゃんは「(縦画面に1人しか映らない映像ということで)振付の前後差や横移動のズレがほとんどないように踊るのがけっこう難しくて。手の下がり方がほんの少し違うだけで、ズレて見えちゃうから、そこはけっこうシビアに頑張りました」、かしゆかは「Perfumeの職人魂が出た感じだよね」と、ダンスのシンクロ率に定評のあるPerfumeならではのこだわりを語っています。

 Perfumeのメンバーが、スマートフォンの全画面(フルスクリーン)に登場する「Everyday」-AWA DANCE ver.2.0-は、YouTube、パナソニックWEB公式サイトで公開。独特な映像演出にくわえ、やはり画面が切り替わっても完璧にシンクロする3人のダンスシーンは見所です。

情報提供:パナソニック株式会社

関連記事リンク(外部サイト)

公開初日なのにWikipediaにストーリーがまるっと掲載 「デッドプール2」が注意を呼びかけ→住人達がサクッと削除
帝国劇場が大規模リニューアル 歴史と伝統は大切にしつつ、快適な観劇空間へ
超スーパー地下アイドル「GINZAN BOYZ」選抜総選挙に「選挙は得意!」と豪語するShi☆Cho参戦 目指すはセンターか!?

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。