体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シザ、声帯を“永久的に損傷”したとツイートし削除 ジョイント・ツアーを離脱

シザ、声帯を“永久的に損傷”したとツイートし削除 ジョイント・ツアーを離脱

 ケンドリック・ラマーらを擁する<トップ・ドッグ・エンターテインメント>所属のアーティストたちのジョイント・ツアー【ザ・チャンピオンシップ・ツアー】に参加していたシザ(SZA)が、声帯の腫れを悪化させて後遺症を残さないようツアーから離脱していた。ところが2018年5月29日に投稿され、後に削除された一連のツイートによると、彼女の声帯の状態は思わしくなく、既に“永久的に損傷してしまった”かもしれないそうだ。

シザによる投稿

 Vultureが保存していたスクリーンショットによると、シザはTwitterに、「私の声は永久的に損傷してしまった。最高!やったー!」、「今晩がテストだった。これで決まりね」、「ただ放っておいてほしいだけ。優先順位がぐちゃぐちゃになってしまった。もうぐっちゃぐちゃ。一人になりたいの、さよなら」と連投していた。

 シザはツイートした5月29日に米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われた【ザ・チャンピオンシップ・ツアー】の公演に数日ぶりに復活していた。彼女は先週自身のインスタグラムに声の問題について、今休憩しなければ“永遠に休まなくてはならなくなる”と綴っていた。「11か月もツアーをしている。これは一晩で起きたことじゃない。ここしばらくトラブルシューティングしてきて、大抵ステロイドを使って押し通すことでどうにかなっていた。今回はどうにもならない。私は病気じゃない、ただ声がうまく出せないだけ」と彼女は苛立ちをぶつけていた。

◎シザによる投稿
https://www.instagram.com/p/BjJTs2vDayY
https://twitter.com/PopCrave/status/1001704545943212037

関連記事リンク(外部サイト)

【コーチェラ2018現地レポート】ケンドリックも飛び入り参加した、SZAの魅力溢れるステージ
クリスティーナ・アギレラ/ピンク/SZAら、女性史月間のためにプレイリストをキュレート
ケンドリック・ラマー、映画『ブラックパンサー』サントラをプロデュース SZAとのコラボ曲をドロップ

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。