体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【先ヨミ】AKB48『Teacher Teacher』が261万枚を売り上げ首位独走 自己最高の売上枚数を更新

【先ヨミ】AKB48『Teacher Teacher』が261万枚を売り上げ首位独走 自己最高の売上枚数を更新

 今週のCDシングル売上レポートから2018年5月28日~5月30日までの集計が明らかとなり、AKB48『Teacher Teacher』が2,610,110枚を売り上げて首位を独走している。

 本作はAKB48にとって52枚目のシングルで、6月16日に開催される【AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙】の投票用シリアルナンバーカードが封入されている。昨日発表されたフラゲ分の集計が2,580,513枚、それから約3万枚ほど積み、初動3日間での累計売上枚数は2,610,110枚。この数字は、AKB48歴代シングルの初週売上記録を更新する数字となっている。

 続いて、V6『Crazy Rays/KEEP GOING』が63,328枚を売り上げ2位に登場。両A面シングルとなった本作は、「Crazy Rays」が井ノ原快彦主演ドラマ『特捜9』主題歌、「KEEP GOING」がWOWOWスペインサッカーリーガエスパニョーラテーマソングと、ダブルタイアップとなっている。

 3位は、Da-iCE『FAKESHOW』。今年1月にリリースされたシングル『TOKYO MERRY GO ROUND』の初動3日間の売上35,641枚を上回る41,870枚のセールスを記録した。4位は、28,596枚を売り上げたGANG PARADE『GANG 2』。今作は今年4月に新メンバーを迎え、9人体制となってから初のシングルとなる。

 そして5位には、6月4日付の“Top Singles Sales”で1位を獲得したKing & Prince『シンデレラガール』が、リリース2週目前半も速報入り。なお、本作の発売以来の累計売上枚数は64万枚を突破した。

◎Billboard JAPANシングルセールス集計速報
(2018年5月28日~5月30日までの集計)
1位『Teacher Teacher』AKB48 2,610,110枚
2位『Crazy Rays/KEEP GOING』V6 63,328枚
3位『FAKESHOW』Da-iCE 41,870枚
4位『GANG 2』GANG PARADE 28,596枚
5位『シンデレラガール』King & Prince 23,948枚
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ速報】AKB48『Teacher Teacher』が2,580,513枚を売り上げダブルミリオン突破
AKB48、小栗有以の初センター曲「Teacher Teacher」MV公開 ダンス手掛けたのは初の海外振付師
GANG PARADE 新SG『GANG 2』ジャケット公開! ヴィレヴァンでコラボポスター施策

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。