体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夢の古民家賃貸暮らしを実現!大自然の中で暮らす方法を聞いてきた

古民家を借りて過ごす、大自然に囲まれる穏やかな時間

「田舎でのびのびと暮らしたい!」そんな風に思っても、実際に見つけるのはなかなか難しい。
今回は、「田舎バンク」を利用して夢の田舎暮らしを手にいれたという祖父江さん一家のお宅を訪問。

自然あふれる中でのびのびと家族と暮らしたい。環境から住む場所を選んで一家が辿り着いた先は、築100年以上の古民家だった。
どのように、この住まいを見つけ、どのような暮らしを送っているのだろうか?借りた古民家賃貸の前で幸せそうに笑う祖父江さん一家

古民家賃貸を借りた祖父江さんファミリーに、探し方や魅力を聞いてきた!プロフィール

名前:祖父江 聡明さん
性別:男性 
年齢:36歳
職業:会社員

名前:奈々子さん
性別:女性 
年齢:40歳
職業:会社員ルームデータ

所在地:愛知県豊田市
家賃:30,000円
間取り:8LDK
築年数:100年以上祖父江さんが暮らす古民家賃貸物件の間取図

とっても広い8LDKの間取りも、土地が広い田舎ならでは!自分らしい環境は自分らしい暮らしを叶える

木々が生い茂る山中の、なだらかな斜面に建つ古民家。8LDKの家屋と、山羊と犬が飼われている広々とした庭には、穏やかな時間が流れていた。

祖父江さん一家は、夫婦、娘、母親の4人暮らし。どのように理想の生活を手に入れたのか。きっかけは、妻・奈々子さんの母が倒れたことだった。当時は静岡県御殿場市に住んでいたが、母と同居するため、地元である愛知県に引っ越すことに。祖父江さんファミリーが暮らす古民家賃貸物件の玄関

玄関には広い土間があり、昔ながらの古民家らしさを感じることができる。靴を収納する以外に自転車や上着をかけるスペースまである

「場所は通勤を考え、名古屋市~豊田市周辺にしました。ただ、住まいはライフスタイルに合った家にしたかったんです」(聡明さん)

キャンプ好きの祖父江さん夫婦は、自然に囲まれて暮らしたかった。そこで田舎にある、自分たちの生活に合わせて自由にリフォームできる物件が良いと考えた。

「庭付きの広い家が必須条件。でも費用は抑えたかった。そこで思い浮かんだのが古民家。私たちの条件にピッタリだと思いました」(奈々子さん)祖父江さんファミリーが暮らす古民家賃貸物件の室内

奈々子さんの寝室。一人一部屋だけではなくペットの部屋まである

さっそくインターネットで情報収集。各自治体が主催する「空き家バンク」のサイトで、物件情報をチェックした。条件に合う物件は少なかったが、気になる物件を2軒ほど見つけ、内見することに。祖父江さんファミリーが暮らす古民家賃貸物件の作業部屋

聡明さんのお気に入りの場所は、家の外にある作業小屋。ラジオから音楽が流れる中でモノ作りを楽しむ。男心をくすぐる素敵な空間だ

「放置されている空き家だけあって、2つともボロボロ。でも2軒目に見た家は、梁が太くて造りはしっかりしていました。しかも、賃貸で借りられるのでリーズナブル! リフォームが前提なので、この家で問題ないと思い、契約を決めました」(奈々子さん)

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。