体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カーシェアリングのZipcar、電気自動車300台をロンドンに投入

カーシェアリングの先駆け的存在のZipcarは、英国ロンドンでフォルクスワーゲンの電気自動車「e-Golf」投入する。

今夏にも導入を開始し、年内に325台を展開する見込みだ。

・環境に優しく

会員制のZipcarは、アプリで車の予約・支払いが済ませられるというもので、リーズナブルな価格設定と相まって人気のサービス。2000年に米国マサチューセッツ州ボストンで始まり、カーシェアリング人気に火をつけた。

そして今回、環境問題への取り組みの一環として電気自動車を投入する。そもそも、カーシェアリング自体が環境に優しい事業ではあるが、それをさらに推し進める格好だ。

・乗り捨ても可能に

また、e-Golf導入にあたっては、会員が好きな場所で車を返却できるサービスも展開する見込みで、これにより利便性が一段とアップする。

空港近くで車を借りて、ダウンタウンで車をドロップする、ということも可能になる。

・ロンドン会員は20万人

現在、Zipcarはロンドンに20万人あまりの会員を抱えているという。「電気自動車ってどんな乗り心地?」と興味津々の人も多いはずで、そうした好奇心に応えつつ、他のカーシェアリングと差別化も図る。

ロンドンでのサービスがうまくいけば、他の都市での展開も視野に入ってきそうだ。

Zipcar UK

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。