体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超ミニハード?懐かしのゲーム機をチロルチョコにしてみた作品がレトロ可愛い

超ミニハード?懐かしのゲーム機をチロルチョコにしてみた作品がレトロ可愛い

 ミニハードで盛り上がっているレトロゲーム界隈。ミニファミコンが再販となったり、セガから「メガドライブミニ」の情報が発表されたりと何かと話題となっていますが、そんな懐かしのゲーム機をチロルチョコにしてみたらものすごく可愛いとSNSで大盛り上がりとなっています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 こちらのチロルチョコ、実はチロルチョコに自作のシールでデコレーションしたもの。ツイッターユーザーでゲーム系クラフトを多数制作している“けだまおにぎりさん”がデザインしたものです。チロルチョコにはオリジナル包装を作る事ができる「DECOチョコ」がサービスとしてあるのですが、こうして自作シールでデコレーションして楽しむのも人気があります。

 それにしても懐かしいハードが勢ぞろいです。お馴染みのファミコン、スーファミ、ニンテンドー64から、初代プレステやドリームキャスト、セガサターンまで!チロルチョコの側面まで本体のディテールが描き込まれており、チョコの立体が上手く生かされています。

 このツイートが投稿されると、「懐かしいゲーム機ばかり!」「食べるのがもったいない」「他のハードもぜひ」「発想が素敵」といった声が相次いでいます。確かに、食べないと古くなってしまうから食べないと……とは思うけど、これは包装紙を取るのがもったいなくなります。上手に剥がして同じサイズの箱を作って貼り替えておきたくなりそう。

ひさびさのチロルチョコ芸(なつかしいゲーム機たち) pic.twitter.com/fhBLW1WAJX

— けだまおにぎり (@pu9lp) May 30, 2018

 この自作デコチロルチョコは、けだまおにぎりさんのブログにチョコの包装紙に合わせたサイズのテンプレートがありますので自作できる人は作ってみると楽しいかもしれませんよ。

<記事化協力>
けだまおにぎりさん(@pu9lp)

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

府中にリアルトランスフォーマー出現! タクシー営業所前に突如現れ大人も子供も歓喜
おばあちゃん家の庭に生えた謎の手 一瞬ギョッとするも実は思い出の品だった
土方歳三の恋の句ブックカバーが話題 これは草葉の陰で再度死ねる……

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。