体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「味方全体にゴリラ効果」『グラブル』予想外のリアルゴリラ登場<ハンサム・ゴリラ>が良シナリオで神イベだと話題に

人気スマホ向けソーシャルゲーム『グランブルーファンタジー』内で、5月31日昼12時より、期間限定イベント<ハンサム・ゴリラ>がスタート。実装キャラやスキルが話題となっています、

今回のイベントは、耽美絵師を志すルナールが男性同士の絆を趣旨とした『耽美絵物語』、いわゆるBL漫画を即売会のために制作するというストーリー。

イベントの告知後は、みな「ゴリラ顔のハンサムなキャラが出てくるのかな」「マッチョなガチムチイケメンがくるのかな」と予想していたものの、実際にイベントが登場し実装されたのは、人間のキャラではなく、動物のビジュアルに近い新召喚石「ゴリラ」。


衝撃的な展開に、

・予想以上のゴリラ

・みんないろいろな予想をしてたけど、普通に正真正銘の素ゴリラが直球実装される予想は、さすがに大穴だったと思うんだよ

・ゴリラそのものが来るとは思ってなかった

と瞬く間にSNSで話題に。

さらに、ゴリラを召喚すると「味方全体にゴリラ効果」が発動! パーティー全員のキャラボイスがゴリラの唸り声になるという狂気の仕様。

なお、イベントシナリオは

・めっちゃいい話
・泣ける
・腐女子トークが飛び交うネタイベントかと思ったら創作活動をする人や生み出された創作を楽しむ人達、総じて創作活動によって人生を楽しむ人達に最高のエールを送る良シナリオ
・同人に関わった人の心に刺さりすぎる

等々、「神イベ」と高評価。

また、イベントクリア後、ルナールの「絵物語制作」の手伝いが可能。ルナールが書いた「絵物語」の原稿に、好きな「ワード」を当てはめて物語を作ることができます。完成した絵物語は Twitter にも投稿可能。すでに続々とオリジナルの絵物語が投稿されており、他ユーザーの物語を見て楽しむこともできるイベントとなっています。

<イベント概要>
タイトル:「ハンサム・ゴリラ」
実施期間:2018年5月31日(木)12:00~6月9日(土)20:59

『耽美絵物語』──
それは絵と文で表現する、男性同士の絆を趣旨とした書物のこと。
耽美絵師を志すルナールは『書物見本市』という即売会に作品を出展することになった。
ついに念願が叶い、喜び勇む彼女は、原稿の完成に集中するため『館詰』をすることに。
見本市の会場となるスフィリアの地で宿をとり、印刷所も押さえ、万全の態勢を整える。
更には仲間達の協力も得て、入稿予定日まで余裕があり、何もかもが順調に進んでいた。
……進んでいた、はずだった。

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy