体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

髭男爵・山田ルイ53世が新著『一発屋芸人列伝』で「ルネッサンス」の誕生秘話を公開

髭男爵・山田ルイ53世が新著『一発屋芸人列伝』で「ルネッサンス」の誕生秘話を公開

髭男爵・山田ルイ53世が5月29日、自身のブログを更新。31日に発売される自身の著書『一発屋芸人列伝』の内容を紹介した。

 

山田は月刊誌『新潮45』(新潮社)で「一発屋芸人」をテーマにしたノンフィクションを連載していた。その内容は出版業界で高く評価され、「第24回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の作品賞を受賞。その連載をまとめた書籍『一発屋芸人列伝』(新潮社)が5月31日に刊行された。

 

「本文より抜粋」と始まった29日の記事で山田は、「本連載、『一発屋芸人列伝』の最後を飾るのは、筆者、いや僕と相方、異端の貴族漫才師、”髭男爵”である」と、自身を「一発屋芸人」として紹介。「明るく照らし出されたステージ上から、視線を横にズラすと、舞台袖の暗がりに辿り着く。目を凝らせば、闇の中にぼんやりと浮かび上がる二つのシルエット。一つは、シルクハットを頭にのせ、もう一つは外向きにカールした奇妙な髪型の持ち主。共に、ワイングラスを手にしている」「酒盛りではない。ほろ酔いとは程遠い、緊張の面持ち。舞台上には目も呉れず、何やらブツブツとネタの最終確認余念がない……と言うより、余裕がない」とつづり、「余裕がないのも無理はないのだ。何を隠そう、暗闇の中、出番直前まで稽古しているのは、後に僕達を一発に導く、出来たてほやほやの”乾杯ネタ”。客前で披露するのはこのときが初めてである。”ウケるかウケないか”の実戦データは全く無い」と運命の瞬間に臨むときの心境を臨場感たっぷりにつづった。「ルネッサンス」を初めて披露したそのとき、何が起こったのか? 気になる方は書籍をチェックしてみよう。

オモプラッタの記事一覧をみる
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。