体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仕事ができないと思われる履歴書の内容と面接時の受け答え

採用 バイト 好かれる 嫌われる 遅刻 仕事ができない 特徴 バイト フロムエー 採用 バイト 好かれる 嫌われる 遅刻 仕事ができない 特徴 バイト フロムエー

バイトの採用過程では大前提として「きちんと働けるか」を見られています。希望するバイトに採用されるためには「仕事ができないと思われないよう」考えて、履歴書や面接の対策を行いましょう。些細なことに気をつけるだけで、面接官が抱く印象は変わります。ここでは、仕事ができないと思われてしまうポイント、履歴書や面接時の注意点を紹介していきます。

【目次】

そもそも仕事ができない人の特徴とは?

採用 バイト 好かれる 嫌われる 遅刻 仕事ができない 特徴 バイト フロムエー

仕事ができない人として、一般的には以下のようなイメージがあります。面接で「仕事ができなそうだな」と思われないよう、特徴を把握しておきましょう。

ネガティブである

いつもネガティブな考え方をしていると、一つ一つのミスに対して敏感になってしまい、他の業務にまで支障がでてしまう場合があります。

遅刻グセがある

時間を守ることは仕事をする上では基本ですが、それができないと他のルールもできていない可能性があります。

身の回りが散らかっている

常に身の回りが散らかっている人は、物事を整理して進めることが苦手な場合があります。また、仕事を進める上でも物が散らかっていることはミスを引き起こしたり、紛失したりするリスクがあります。

ミスを他人のせいにする

自分のミスを自分で認められないと成長することができません。そのため、なかなか仕事ができるようにならないと思われても仕方ないでしょう。

メモを取らない

一度言われたことを何度も言われてしまう場合があります。特に初めての仕事ではメモを取ることは基本中の基本です。

遊び感覚で仕事をしている

アルバイトとは言え仕事は仕事です。本気で仕事に対して向き合わないと思われてしまいます。

挨拶できない

遅刻と同様に基本的なマナーが守れないと思われてしまいます。また、接客の場合は挨拶ができることは非常に重要です。

笑顔がない

人と一緒に働く上で周りに与える印象は大事です。また、接客の場合笑顔で対応できることは重要です。

身だしなみがだらしない

こちらも一緒に働く人に対しても、お客様に対しても大事な事です。不快な印象を与えないように常に身だしなみには最低限気を使っておくことが大事です。

報連相(ほうれんそう)ができない

何かミスが起きたりイレギュラーなことが起きたりした時に、「報告」「連絡」「相談」の報連相ができないと仕事を円滑に進めることができません。細かいことでも先輩や同僚には報連相ができることが大事です。

自分から行動できない

自分から行動ができないと指示待ち人間と思われてしまう場合があります。アルバイトとはいえ自分で判断して行動することは求められます。

仕事ができない人は総じて「仕事に対して受身」で、「きめ細かさがない」という共通点があります。また、ある程度の年齢になっても社会的な常識が身についていないのは大きなマイナスポイントです。

責任者が「一緒に働きたい」と思えないとバイトの面接では採用されません。たとえば、仕事では上司への「報告」「連絡」「相談」、略して「報連相」が重要視されます。つまり、日ごろからコミュニケーション能力が不足している人材はバイトの面接で敬遠されてしまいます。心当たりがあったとしても、バイトに応募するのをきっかけにして欠点を克服する意識を持ちましょう。

仕事ができないと思われてしまう履歴書の内容

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。