体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仕事は120%で、好きなこともやる…湘南で働くメリット・デメリット

仕事は120%で、好きなこともやる…湘南で働くメリット・デメリット
J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「RECRUIT THE WORK SHIFT」。今週は「湘南スタイル」を提案する「湘南WorK.」の働き方を紹介。5月30日(水)のオンエアでは、湘南で働くことのいい部分と厳しい部分について迫りました。

「湘南WorK.」は自分たちの街・湘南の地をより盛り上げようと、オフィシャルサイトで地元のさまざまな企業を紹介しています。ほかにも、事業者が出演し自身のビジョンを伝えるイベント「湘南シゴト会議」も開催しています。

“湘南で働く”といっても、いいことばかりではないようです。「湘南WorK.」の小室慶介さんによると……。

小室:実際にいい部分だけではなく、厳しい部分も伝えなければならないと思っていて、都内での働き方に比べると収入が下がる部分も絶対にありますし、観光地に住むことで移動しづらい部分もあります。そこも含めて、そういうライフスタイルを手に入れたいのか、ということは確認するようにしています。

働く人の意識も、都内の企業で働く意識と、湘南の企業で働く意識とではギャップがあると、小室さんは見ています。

小室:同じ感覚でいくとミスマッチが起こるケースがあります。都内の企業は、新しい働き方に向けて色々な取り組みをしていると思いますが、その波はまだ湘南エリアには入ってきていない部分が少なからずあって、自由な企業で働いていた方が堅い企業に入った時の溝も、中にはあります。

何事にもいい部分とそうでない部分があり、どのようにしてその折り合いをつけるか、ということなのかもしれません。ただし、湘南には東京にはない、いいところがあります。

続いて「湘南WorK.」の河野竜二さんに伺いました。

河野:湘南でゆるく働きたいという人も多いと思うんですけど、鎌倉の新興企業もそうですが、東京に負けないくらい活動している会社も多いので、そういうマインドを持っている人にとっては「そうじゃなくて、キャリアアップをするために湘南で働く」という意識づけをするのも重要だと思います。そこをしっかりと持っていかないと、成果がなかなか出ない気がします。ダラダラとやるよりは仕事は120%でやって、好きなこともやって、そういうライフスタイルやワークスタイルが実現できる環境ではあると思います。

オンとオフの切り替えが大事で、その切り替えがしやすいのが“湘南”なのかもしれません。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。