体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

EXILE USA 国連WFPサポーターに 飢餓をなくす活動を応援

EXILE USA 国連WFPサポーターに 飢餓をなくす活動を応援

 EXILE USA(UはUの上に・・)が、WFP国連世界食糧計画(国連WFP)サポーターとなり、飢餓のない世界の実現を目指して共に活動していくことを発表した。

 国連WFPは世界約80か国8000万人に対して、紛争や自然災害など緊急時の食糧支援のほか、将来にわたって持続的に発展していくための強い社会づくりに取り組んでいる。USAはEXILEの活動と並行して、2006年から世界中をダンスで繋ぐプロジェクト【DANCE EARTH】を始動。世界各国のその土地由来のビートを乗りこなし、世界中の人々とダンスを通じた交流を深めてきた。また東日本大震災後の2012年から、被災地の子どもたちに「Rising Sun」のダンスを教え、共にパフォーマンスを披露する活動【中学生ライジングサンプロジェクト】も続けている。

 昨年10月には、国連WFPの世界食料デーキャンペーンに参加。同キャンペーンのテーマである学校給食支援の大切さを実感したことが、国連WFPを支援するきっかけとなった。USAは今後、支援現場の視察やイベントなどを通じて、飢餓の現状を発信していく。

◎EXILE USAコメント
ダンスを通じて世界中の人々とつながりたい、世界平和に貢献したいと考え、多くの国を旅してきました。
これまでにキューバ、ケニア、インドなど約20か国を訪問しましたが、途上国では、毎日の食事すら満足に食べられない子どもたちの姿を、数多く目にしました。
僕の思い描く平和は、世界中の人がおいしい食べ物で満たされ、多様な音楽と踊りでハッピーな1日を過ごすこと。
国連WFPのサポーターとして、飢えた人を1人でも減らすお手伝いができればと思っています。
僕の小さな1歩が多くの人に広がっていくよう、頑張ります。

◎国連WFP日本事務所 焼家直絵代表コメント
世界では今、約8億1500万人が飢餓に苦しんでいます。
日本を代表するパーフォーマーであるUSAさんからのサポートは、日本の皆さまに世界の飢餓問題について広く知っていただき、飢えに苦しむ人々への支援の輪が大きく広がると期待しています。

関連記事リンク(外部サイト)

EXILEが約2年半ぶりに集結! ニューアルバム発売&全国ドームツアー決定を発表
EXILE USA、TETSUYA、“夢の課外授業”で岩手県釜石の子どもたちにダンスレッスン
EXILE FRIDAY第3弾「My Star」のLyric Videoを公開 楽曲は本日4/6配信スタート

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。