体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

懐かしのブラウン管テレビ風のスピーカー付きアラーム「QTV」がキュート

最近は「スマート〇〇」製品が多く出回るようになってきたが、あえてシンプルな製品を手にしてみるのも乙というもの。今回紹介する「QTV」は決してスマートではないものの、なぜかそばに置いておきたくなる、そんなアイテムだ。

・懐かしのブラウン管テレビ風アラーム

QTVは3.67インチのスクリーンがついた小型のアラームだ。一番の魅力はやはりその見た目。まるで昭和のブラウン管テレビを想起させるレトロなデザインは、インテリアとして使っても満足できるクオリティだ。

搭載されているボタンを押すと、スクリーンに砂嵐のようなノイズが一瞬かかる。このあたりの演出もブラウン管テレビの特徴をうまく再現しているといえるだろう。

回転式のダイヤルを回してタイマーを設定したり、時刻の調節ができる。使っているモードによってスクリーン上の壁紙が変わるのもうれしい。

・ポータブルスピーカーとしても使える

QTVには40mmのスピーカーも搭載されているので、スマホとBluetoothで繋げば音楽を再生することも可能だ。ベッドサイドテーブルだけでなく、キッチンでタイマーと合わせて使うと便利そうだ。

連続再生時間は5時間で、Micro USBで充電をすることとなる。本体カバーは亜鉛でできているため、質感もなかなかリアルな仕上がりになっている様子。

QTVは現在Indiegogoにてキャンペーンを実施しており、今なら1台69ドル(約7530円)で出資注文することができる。発送予定時期は2018年7月だ。

機能だけを考えると値段は多少高い気もするが、ポップかつキュートなインテリアアイテムだと思って購入してみるのもアリかもしれない。

執筆:Doga

QTV/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。