体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ツナ缶があるなら。今晩はバター香る「ツナキムチパスタ」

ツナ缶があるなら。今晩はバター香る「ツナキムチパスタ」

キムチといったら、日本ではご飯の付け合わせか、お鍋にいれるか、豚キムチにするのが割と一般的。ところが「Food52」のEmily Cさんは、キムチを迷いなく「パスタ」に投入します。しかもそれをしっかりと洋風アレンジに仕上げてくれています。

その決め手はソース。コチュジャンにバターを混ぜるのです!

こりゃ高カロなんじゃないか……と思いきや、お豆がたっぷりでタンパク質は豊富だし、ケールでビタミンと食物繊維を補っているので、案外ヘルシー。

Emily Cさんいわく、ツナとキムチの相性は抜群なのだとか。いざ、ご賞味あれ!

バターがポイント
「ツナとキムチ」のパスタ

ツナ缶があるなら。今晩はバター香る「ツナキムチパスタ」© 2018 Bobbi Lin

ツナとキムチってあんまり合わないかと思いきや、これが絶妙にマッチするんです。どちらともクセが強くて、自己主張も強い。そんな2つを掛け合わせることで、うまい具合に両方の魅力が引き出されます。

白インゲン豆とケールはクリーミーだけど爽やかな味わい。あとはバターとコチュジャンとキムチ汁を投入すれば、“明るく生き生きとした一品”のできあがり。ちなみにツナ缶は、ぜったいにオリーブオイル浸けのものを選びましょう。これで、かなりの違いが生まれますよ。

材料:4人分

下準備時間:5分

調理時間:10分

キムチ(細かく刻む):3/4カップ+キムチの液体を大さじ数杯分
オリーブオイル浸けのツナ缶:140g(水切り不要)

太めの卵麺:225g

白インゲン豆(水にさらす):455g(1缶)

ケール:1/2束(おおよそ3カップ分)

コチュジャン:小さじ2

オリーブオイル:大さじ3

バター:大さじ1

コーシャーソルト:適量

作り方

【1】大きなポットに、気持ち多めの塩を振った水を沸かす。卵麺を入れて、パッケージの指示どおり、アルデンテに茹でる。

【2】卵麺を茹でているあいだに、フライパンにオリーブオイルを注いで中火にかける。そこに白インゲン豆、ツナ、キムチを入れて、具材にオリーブオイルがまんべんなく絡むように炒め、味が馴染むように数分混ぜ続ける。

【3】茎を切り落としたケールを入れて、さらに1〜2分ほど炒める。ケールがしんなりしつつも、形が崩れない程度が目安。

【4】麺を湯切りし、フライパンに移す(茹で汁は少しとっておく)。そこにコチュジャンとバターを入れて、麺に行きわたるよう絡める。必要であれば茹で汁を大さじ1ほど投入。最後に塩で味付けをして、キムチの残り汁を大さじ1〜2杯入れて酸味を調整。

アツアツのままはもちろん、室温に冷めてもおいしくいただけますよ。Written by Emily CTop photo: © 2018 Bobbi LinLicensed material used with permission by Food52

More Contents from Food52:
What To Do With a Jar Of Kimchi
Warm Bacon Vinaigrette Takes This Slaw to the Next Level

関連記事リンク(外部サイト)

「発酵オムレツ」にヨダレが止まらない
モバイルサイズの「パスタ図鑑」
断然コメ派!に伝えたい。雪国発の「ショートパスタ」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。