体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

野菜がすすむ「おかず系」ドレッシング

野菜がすすむ「おかず系」ドレッシング

液体のもの、粉末状のものなど、ドレッシングの種類も色々あります。

ここで紹介するのは食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピ。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。

01.
ニンニク×ナンプラー
肉ドレッシング

野菜がすすむ「おかず系」ドレッシング© 2018 FOOD CREATIVE FACTORY

ニンニクとナンプラーを利かせた「肉ドレッシング」。風味をしっかりと肉に移し、濃いめの味付けにすることでおかずの役割を果たし、生野菜がごはんのように進みます。

材料

A 醤油:大さじ1
A 酢:大さじ2
A ナンプラー:大さじ1
A はちみつ:小さじ1
A コリアンダー:小さじ1
A こしょう:小さじ1/6

ニンニク:2片
サラダ油(炒め用):小さじ1
豚ひき肉:300g
サラダ油:50ml

作り方

【1】ニンニクは、粗みじん切りにする。Aは合わせておく。

【2】フライパンに炒め用のサラダ油と1のニンニクを入れ中火にかけ、香りがたったら豚ひき肉を加えて、色が変わるまでしっかり炒める。

【3】2にAを加えて味が馴染むまで炒めたら、火から下ろしサラダ油を加えてよく混ぜる。

02.
刻みしいたけ×ニンニク
醤油ドレッシング

野菜がすすむ「おかず系」ドレッシング© 2018 FOOD CREATIVE FACTORY

フードプロセッサーでみじん切りにした、しいたけがメインのドレッシングです。アーモンドが隠し味で、食感に変化をもたらしてくれます。サラダにもソースにも万能な一品です!

材料

しいたけ:10個
玉ねぎ:1/2個
ニンニク:1片
アーモンド:15g
A オリーブオイル:100ml
A 酢:30ml
A 醤油:大さじ2
A こしょう:小さじ1/4

作り方

1】しいたけは石づきをとって半分に切り、フードプロセッサーでみじん切りにしてボウルにいれ、次に玉ねぎをフードプロセッサーでペースト状にする。ニンニクはみじん切りにする。

【2】鍋に1を入れ焦げないようにじっくり火を通す。

【3】ボウルにAの材料を入れ撹拌し、ドレッシングを作り、2を加えて混ぜる。

03.
ナンプラー×ニラ
干しエビのドレッシング

野菜がすすむ「おかず系」ドレッシング© 2018 FOOD CREATIVE FACTORY

最後は、干しエビの入ったニラたっぷりのドレッシング。ナンプラーとエビの相性も良く、エスニック風の味付けです。パクチーなどとの相性もいいので、香草系のサラダにどうぞ。

材料

干しエビ:10g
ニラ:1束
A ナンプラー:大さじ3
A ハチミツ:小さじ1
A レモンの絞り汁:大さじ2
A 酢:大さじ1
A ごま油:80ml

作り方

【1】干しエビは粗みじん切りにし、ニラは千切りにする。Aは大きめのボウルに合わせて撹拌しておく。

【2】Aのボウルに1のニラと、干しエビを入れて混ぜ3分おく。

ほかにも、変わり種ドレッシングがたくさん!野菜がすすむ「おかず系」ドレッシング「ドレッシングを食べる」が目的に変わるレシピ4選Top photo: © 2018 FOOD CREATIVE FACTORYLicensed material used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY

関連記事リンク(外部サイト)

「ドレッシングを食べる」が目的に変わるレシピ4選
自家製ドレッシングは、「サラダにふりかける」がおすすめ。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。