体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CHAI、学生時代の強烈な先生エピソードを明かす

CHAI、学生時代の強烈な先生エピソードを明かす
J-WAVEで放送中の番組『THE KINGS PLACE』(火曜担当ナビゲーター:CHAI)。5月28日(月)のオンエアでは、CHAIが学生時代に印象に残っている先生の話で盛り上がりました。

■学生時代のエピソード

リスナーから届いたのは、こんなメール。

「化学の授業が嫌です。予習の問題は全然わからないし、先生は怖いし、自分が答える順番が近付いてくると緊張して手がガタガタ震えます。CHAIの皆さんの学生時代に印象深かった先生や授業のエピソードを教えてください」

メールを読み終わり「個性的な先生のほうが楽しくていい」と言うメンバーたち。双子のマナとカナ、ユナは高校の同級生ということで同じ先生の思い出があるようで……。

「社会の歴史を教える先生で、ずっと『ええかええか』って言ってるの。口癖が『ええか』なの。ずっと『ええかええか』。黒板を書きながら『ええかええか』ってずっと言ってた」

その先生は「これを写しておきなさい」という板書が「○」だけだったりと、インパクトの強い先生だったそうです。さらに「松岡修造のような熱血タイプの学年主任」もいて、ユナは印象に残っている思い出があるそう。

ユナ:熱血すぎて「いいか、チリも積もればマウンテンだ!」って(笑)。えー! マウンテンだったんだ! (チリも積もれば)山じゃなかった!

これを聞いてメンバーは大爆笑。テストの問題をコツコツ解いていくことを奨めるための言葉で、「テストの問題って表と裏があるじゃん。『裏の問題は一切やるな! 表だけやれ!』って言ってた」とのこと。そのおかげで3人はテストの点数が上がりその先生のことも好きになり「あの人すごいと思った、あの人天才だったよね!」と思い返していました。

そしてユウキの小学校の先生の思い出も。運動会でソーラン節を踊ったそうですが、そのソーラン節の歌を生で歌う先生がいたのだとか……。「男の先生なんだけど腹から声出して。それに合わせて小学生が踊る。それが今でも印象に残ってる!」と話しました。他の年は普通に音源を流していたため、生歌はその1回だけだったことから「あれは先生が歌いたかっただけだと思う」「先生の気合!」と予想するユウキでした。

さらに「KINGS MEETING」のコーナーでは、この週もマナとユウキがnever young beachのボーカル・安部さんと、ベースの巽さんを迎えたトークをお届け。安部さんの髪型に関するエピソードにマナとユウキが感心する時間もありました。

この記事の放送回をradikoで聴く

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「THE KINGS PLACE」
放送日時:月・火・水・木曜 26時−27時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。