体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

飛行機の座席、「通路派」は日本人だけ…その理由は国民性?

飛行機の座席、「通路派」は日本人だけ…その理由は国民性?
J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。5月29日(火)のオンエアでは、「飛行機の座席選びで国民性が見えてくる」という話題に注目しました。

■日本人は世界一通路側を好む

世界最大規模の旅行サイト「エクスペディア」が行ったユニークな調査結果によると、日本人は通路側を選ぶ傾向が高いことがわかりました。その他の調査項目も含め、そこから見えてくる日本人の国民性などについて、エクスペディア・ジャパンの広報、村井晶奈さんにお話を伺いました。

「日本人は世界一通路側を好む」ということですが、どんな結果がでたのでしょうか?

村井:1年以内に飛行機に乗った世界23カ国の男女約1万8000人を対象にしたもので、世界では窓側がダントツに多かったのですが、日本だけ通路側が多いという結果になりました。日本のみが過半数を超える53%が通路側派と回答しました。2位のシンガポールが、47%とはいえ窓側のほうが多い結果となっています。殆ど通路側を選ばない国、最下位のインドは14%、その他の国も窓側派でした。

■窓際から通路に出るとき、寝ている人を起こす?

その他に「自分が通路側にでる際に、寝ている人を起こして動いてもらうか?」という質問に、「寝ている人を起こす」という国が多いなか、日本だけは24%の人しか「起こして頼めない」という最下位の結果となりました。

サッシャは通路に出る際に、出方について「もうちょっと我慢しようかなとか、どうやって乗り越えるか考えて、席に片足を乗せて、前の席の背もたれに手を置いて、越えて当たったら『ごめんなさい』みたいな……」と語りましたが、アンケートでは日本人の40%が「寝ている人に背を向けて乗り越える」と回答。これも日本人が「通路派」が多い理由のようです。その他にも「搭乗後、お客さん同士で座席の移動を交渉する」も最下位の6%でした。あまりコミュニケーションをとりたくない、ということなのかもしれませんね。

フライトマナーの調査でも「機内の迷惑行為に対して何も言わずに我慢する」という人の割合が一番高かったのが日本人。その他にも「いびきをかいている乗客は起こしていいと考える」も、他の国の過半数が「起こしてもいい」と答えたのに対して、日本人は37%と世界で一番低い結果でした。

エクスペディアのさまざまな調査で、日本人に近い結果が出るのが韓国。「空港や機内でアルコールを2杯以上飲みますか?」という質問で、「飲む」と答えたのが日本と韓国だったそうです。

有給休暇の消化率が少ない国も、やはり日本と韓国だそうで、働き方や休暇の過ごし方など、調査の結果からも国民性が見えてくるようです。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。