体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

午後2時までのネット注文品を店頭で受け取り! ZARAが新型店舗を英国にオープン

ネットショッピングは便利だ。注文して数日もすると自宅まで届けてくれる。しかし洋服などの場合、「早く着たい!」と配達を待つのがもどかしいこともある。

そこで、ファッション大手のZARAが導入するのが、オンラインで購入した品物を店舗で受け取れるシステム。午後2時までの注文なら同日、午後2時以降の注文なら翌日用意される。

・店内にピックアップコーナー

このシステムは、英国ロンドンのウェストフィールド・スタンフォード・シティ・ショッピングセンターに開店した店舗で導入された。実在店舗として、客は普通にショッピングもできる。

店舗の一角に、オンライン購入品のピックアップ場所が構えられ、客はオンライン購入の際に発行されるバーコードまたはQRコードを専用の機械にかざして受け取ることができる。

支払いは終わっているので、ものの数分で商品を受け取ってさっと立ち去れる。忙しい人にはうってつけのサービスといえそうだ。

・セルフレジも設置

また、同店には、店舗での購入をセルフ精算できるサービスも導入。加えて、店のスタッフにはiPadを持たせ、その場で客の支払いを受けることもできるようにしているという。

素早くスムースな買い物体験を提供するこうした店舗はZARAにとって初の試み。オンライン販売が当たり前になっている昨今だが、オンラインと実在店舗を組み合わせることで、客の多様なニーズに広く対応することができそうだ。

ZARA

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。