体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

IoT機器向け「Android Things 1.0」がリリース

IoT 機器向けの Android プラットフォームこと「Android Things」の正式版となる v1.0 のリリースが 5 月 7 に発表されました。
Android Things は 2016 年 12 月に最初のプレビュー版が公開され、これまで 1 年半もの間開発が進められており、ようやく正式版に昇格しました。
私たち一般消費者にとって Android Things 1.0 の公開は、このプラットフォームの下で開発された商用デバイスを購入できる目処が付いたことを意味します。
例えば、今後夏の終わりまでに LG と iHome が開発したスマートスピーカーや、Lenovo、LG、JBL が開発したスマートディスプレイが発売される予定なのです。
これら Android Things デバイスでは、Google アシスタントの AI 機能や Chromecast によるデバイス間連携などを利用することができます。
今後もこうした IoT デバイスに Android Things が採用されていくと予想されます。
開発者は、Android Things SDK を利用して Android Things 1.0 用のアプリを開発できるほか、Android Things Console から Android Things 1.0 のシステムイメージを入手して本番用のデバイスで開発を進めたり、最終的なテストを実施することができます。
Android Things 1.0 でサポートしているデバイスは、NXP の i.MX8M、Qualcomm の SDA212 と SDA624、そして MediaTek の MT8516 をベースにしたプラットフォームです。
また、ラズベリーパイ 3 モデル B と NXP i.MX7D でも Android Things のシステムやアプリを開発・テストすることができます。
Source : Android DevelopersAndroid Things Releases

■関連記事
Essential Phone PH-1ではGoogle Pixelと似たアップデート対応が計画されている
スマートLED「Philips Hue」のAndroidアプリがv3.0にバージョンアップ
Qualcomm、初のXRデバイス向けSoC「Snapdragon XR1」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。