体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】映画『アントマン&ワスプ』の新トレーラー、ゴーストと戦う計画が明らかに

マーベルの最新映画『アントマン&ワスプ』のティーザーは、わずか30秒の空間に、幻想的なアクションを豊富に詰め込んでいる。

5月初旬に公開されたトレーラーと同様、 メモリアルデーに公開された新ティーザーは、この作品が映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にどうにつながるかに関する手がかりは与えていない。

「成功するためには、行動リストが必要だ」とスコット・ラング(ポール・ラッド)は述べ、ゴースト(ハナ・ジョン=カーメン)を倒すミッションのステップを説明する。

「世界を救わなきゃならない。それが目的だ。それを忘れちゃいけない」と、ラングはマイケル・ダグラス演じるヘンリー・“ハンク”・ピムとエヴァンジェリン・リリー演じるホープ・ヴァン・ダインに語る。

4月27日の公開以来、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は米国内で6億2600万ドル、全世界で19億ドルの興行収入を記録している。

マーベル・シネマティック・ユニバースの20作目となる『アントマン&ワスプ』は、ペイトン・リードが監督を務める。ケヴィン・ファイギはルイス・デスポジート、ヴィクトリア・アロンソ、スティーヴン・ブルサード、チャールズ・ニューワース、スタン・リーらと共に映画をプロデュースする。リーはエグゼクティブ・プロデューサーも兼務する。脚本はクリス・マッケーナ、エリック・ソマーズ、ラッド、アンドリュー・バレル、ガブリエル・フェラーリらが執筆した。

『アントマン&ワスプ』は7月6日に米劇場公開する。トレーラーはページ上部から。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy