体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

誕生から30周年、「ロックマン」待望の最新作の全容がついに公開!

誕生から30周年、「ロックマン」待望の最新作の全容がついに公開!

 様々なファミコンの名タイトルが30年の節目を迎える中、縦横スクロールの2Dアクションゲームとして爆発的なヒットと絶大な人気を誇るカプコンのロックマンも今年でデビュー30周年。本作で11のナンバリングとなる「ロックマン11 運命の歯車!!」が10月4日に発売が決定となり、内容の全貌が明らかにされました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 これまでにも幾度となくロックマンにやられ続けてきたDr.ワイリーが懲りずに11度目の来襲。今回はそのDr.ワイリーが、ロボットの能力を飛躍的にアップさせる禁断の「ダブルギアシステム」を作り上げ、再びロボット社会に襲い掛かる。これに対抗すべくロックマンの生みの親であるライト博士はかつてDr.ワイリーが作ったダブルギアシステムの試作機をロックマンに組み込んで対抗する事を決断。ロックマンは新たな力を得てDr.ワイリー率いるロボットたちに立ち向かう―――

 本作でのメインウェポンとなるのがこの「ダブルギアシステム」。「スピードギア」、「パワーギア」の2つのギアを使いこなす事がゲーム攻略のカギとなります。どちらのギアも使いすぎるとオーバーヒートしてしまうので使い加減が勝負を握る事となります。

誕生から30周年、「ロックマン」待望の最新作の全容がついに公開!スピードギア発動
誕生から30周年、「ロックマン」待望の最新作の全容がついに公開!パワーギア発動
誕生から30周年、「ロックマン」待望の最新作の全容がついに公開!ダブルギア発動

 本作はPlayStation4、Nintendo Switch、Xbox One、PCと4つのハードでプレイが可能。「最新ゲームマシンでシリーズの面白さを再現する」というコンセプトのもと、第1作から変わらずジャンプ&ショットを基本とした2Dアクションゲームとして制作されています。所有ハードや腕前を問わず、誰にでも“2Dアクションを攻略する”楽しさが味わえる1作になっており、初心者から古強者まで楽しめる豊富なプレイモードが用意されて誰でも楽しむ事ができる仕様なのも嬉しいところ。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。