体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

沖縄には、猿じゃなくて「猿人」の温泉があるらしい

沖縄には、猿じゃなくて「猿人」の温泉があるらしい

猿が入る温泉と言えば長野県の地獄谷が有名ですが、「猿人」が入る風呂とはこれいかに。

沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は源泉かけ流しでみんなに愛されています。が……。

入り口のインパクト
半端ないって!

沖縄には、猿じゃなくて「猿人」の温泉があるらしい© 2018 TABI LABO

猿人の目が光ってます。

一度入ったら戻ってこれないんじゃないかと子供ならトラウマになるレベルですが、ご安心ください。「猿人の湯」という名前にはちゃんと理由があります。

猿人時代の
海洋水温泉

沖縄には、猿じゃなくて「猿人」の温泉があるらしい© 2018 ユインチホテル南城

「猿人の湯」は、リゾートホテル「ユインチホテル南城」にある天然温泉施設。ここの温泉水は、地下2119m〜1500mにある2つの地層(約500万年前のものと約5400万年前のもの)から湧出していて、地上に到達するまでに自然にブレンドされているのが特徴。

最古の人類と言われる猿人「アルディピテクス・ラミダス」が生まれた頃の太古の化石海水が含まれているそうです。これは現在の一般的な海水の8割の塩分量ですが、メタケイ酸やカルシウム、ヨー素、鉄や栄養塩類が多く含まれていて、今の海水とはまったく異なる性質もあるとか。

だから、「猿人の湯」。

浴槽に見える白いものは、化石海水の結晶。その頃の猿人はアフリカにしかいなかったとされていますが、人類発祥への想いを込めているのです。

地元沖縄のオジーからも
学びあり

沖縄には、猿じゃなくて「猿人」の温泉があるらしい© 2018 ユインチホテル南城

展望風呂で南城の夜景や中城湾の景色を眺めながらお湯に浸かっていると「ここのは本当に肌がすべすべになる」と地元のオジー。

しょっぱめの温泉、僕も好きです! 近くにあったら週3で来たいですね〜なんて世間話をしつつ、琉球や尚巴志の歴史のことも色々と話してくれました。

「猿人の湯」には
貸切温泉もある

沖縄には、猿じゃなくて「猿人」の温泉があるらしい© 2018 TABI LABO

大浴場の展望風呂も気持ちいいですが、贅沢に貸し切るのもあり。

ソファやテレビの付いた個室も併設しているので、家族でゆったり過ごせる空間としても人気だそうです。

ホテルの方には、天然温泉つきの和室もあるので、宿泊していく場合はそちらもぜひ。沖縄には、猿じゃなくて「猿人」の温泉があるらしい© 2018 TABI LABO沖縄には、猿じゃなくて「猿人」の温泉があるらしい© 2018 ユインチホテル南城

ちなみに「猿人」は、昼でもこのインパクト。

ウェルネスリゾート沖縄休暇センター ユインチホテル南城

住所:沖縄県南城市佐敷字新里1688
TEL098-947-0111

Top photo: © ユインチホテル南城取材協力: 南城市, イーストホームタウン沖縄

関連記事リンク(外部サイト)

沖縄の隠れ家。仲良し3姉妹の「カフェビーンズ」でお花を食べる
この夏は、ヘルシーではなく「ウェルネスな旅」をするべき理由
1度は行きたい「もずく・もずく・もずく!」なお店

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。