体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界中の「音」を集めたウェブサイト。東京は築地市場も

世界中の「音」を集めたウェブサイト。東京は築地市場も

エルサレムのライオン門から聞こえる、礼拝を知らせる歌のような呼び掛け

インドネシアの洞窟で何千ものコウモリが立てる

東京・築地市場での活気溢れる競りの

クリスマスイブにベネチアの街に響き渡る鐘の音

「Cities and Memory」は、世界75カ国からその土地の音を2,000以上集めたウェブサイトだ。トップページの世界地図にはフィールドレコーディングの場所がマッピングされていて、好きな土地の音を聴ける。

このプロジェクトを率いたのは、イギリスのサウンドアーティスト、スチュアート・フォークス。彼は「Cities and Memory」のなかで、テーマごとのサウンドプロジェクトも行っている。

ロンドンの地下鉄の音を集めた「The Next Station」や世界中のプロテストの音を集めた「Protest & Politics」。今年5月には、34カ国の写真家とサウンドアーティストがコラボした「Sound Photography」も公開されたばかりだ。こうしたプロジェクトのなかには、環境音をサウンドアーティストがリミックスした音源もある。

世界各国から2,000以上の音を集められたのは、このプロジェクトがオープンに音源を募っているから。ミュージシャンやサウンドアーティストを含め、これまで500人以上がこのプロジェクトに参加しているという。

普段なかなか意識しない周りの「音」。世界各地の音に耳を澄まし、自分の周りのユニークな音を送ってみてはどうだろう。Top photo: © iStock.com/alvarezLicensed material used with permission by CITIES AND MEMORY

関連記事リンク(外部サイト)

「ありがとう、築地」。そんな想いが詰まった1冊の絵本
「誰も知らない築地市場」を目撃せよ。映画『TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)』が見逃せない。
旅先の「音」をサンプリングして制作した旅情を誘うサウンド

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。